【悲報】アドビの「Flash」終了のお知らせ

一世を風靡したFlashがついに終焉の時を迎えようしています。

アドビは2017年7月25日(米国時間)、「Flash Player」の配布とアップデートを2020年に終えることを発表しました。

ネットを見ても、脆弱性だらけで、ネットを危険にするFLASHの終了を歓迎するコメントがメインになっています。

Flashは便利だったんですけどね…

Flashは、いわゆるベクター(線画)形式のデータを扱うことができたので、ファイルの容量が小さいもので済みました。

そして、自由自在に動かくことができましたし、音声やインタラクティブなボタンなども配置できたので、非常にリッチな表現をすることが比較的容易にできました。

以上のようなこともあり、一次は格好いいサイトはほぼFlashで作られているような状況でした。

しかし、iPhone登場の際に、スティーブジョブスが、

セキュリティが非常に脆弱なうえにメモリーを大量に消費し、指先での操作には向いておらず、しかもアドビは仕様をオープンにしていないと指摘して、

iphoneに搭載しないと明言しました。

それに対して、アドビは反論して、AndroidではFlashが使える時期もありましたが、そのAndroidもFlashの搭載を止め、次第にFLASHは時代遅れの技術となって利用されなくなっていました。

それでもなお、PC上のブラウザゲームや、ワードプレスのファイルアップロードなんかでは使われていたりするのですが、いよいよFlashが終了することが完全に決まってしまいました。

ホームページを制作するものとしては、生き残って欲しい気もしていたのですが、非常に残念な気持ちです。

おそらくHTML5やCSS3の技術に取って代わられていくのでしょうね。

アドビからは、Edge AnimateなんていうHTML5とCSS3を使ったアニメーションツールも出てきているので、そちらに移行する人たちも多いかも知れません。

しかし20年以上、この業界に身を置くものとしてはなんか寂しい気分になってしまいます。

サポートしているホームページにFlashを使っているところもあるので、これらのお客様にFlashから代わりのものに移るようにおすすめしなければなりません。

最近は、Jqueryあたりでスライドショーをしているところが圧倒的に多いかなという感じです。

 

Flashの完全終了が、ちょっとショックだったのでブログに書きました。

 

最近は、Flashを使わないホームページばかり作っております。(^^;)

 

人気ブログランキングに参加中なのでぽちっとお願いします!

タイトルとURLをコピーしました