グーグルがPCサイトを見なくなる?

最近話題のGoogle MFIなんてものがあります。
MFIとは「モバイルファーストインデックス」の略です。
最近政治の世界は**ファーストが(良くも悪くも)話題ですが、webの世界でも話題なのです。
これはモバイル向けの内容を優先して検索順位を決めるというGoogleの方針を表しています。
言葉通りの簡単な話ですね。

もうすぐ導入されるそうですが、これが導入されるとどうなるでしょう。

PC向けページもモバイル向けの内容で順位を決定するそうですから、
上位のサイトを「クリック」したら、いきなり巨大なピンボケ画像が出てきて目が悪くなりそう
なんて事が起きるかもしれません。

もしBingがPC向けページはPC向けの内容で順位を決定という方針を策定して公表すれば、
意外とGoogle一強時代が変わるかもしれませんね。

また、タブレットで検索してもOSはモバイルと同じですから、色んな統計では
画面サイズがPC並みなのに「モバイル」と思われているかもしれません。
(アクセス解析では画面サイズも大抵取得できるので、「ちゃんと」処理していれば
タブレットとスマホを混同する事はありません)

Google MFIがアメリカファーストのように「行き過ぎた」ものとして批判を受けるか、
都民ファーストのように歓迎され「先進的」として評価されるか。
それは数年のうちに答えが出るでしょう。

現状、ホームページ制作者の間ではMFIに対する認識が分かれています。
たとえば、モバイル向けのサイトが「無い」場合、ある識者は「対応が必要」と言い、
別の識者は「対応不要」としています。

これは対象の「PC向けのサイト」が、
最初の識者は「モバイルに不親切」だから専用モバイルサイトを作るべき
と言っていて、
次の識者は「PCモバイル同一コンテンツ」だから「両対応と同じ」という判断
という話です。

元をたどれは
「PCモバイルそれぞれに最適化したサイトを作るべき」
「レスポンシブデザインを活用し、単一サイトで両対応すべき」
という哲学の違いなので、実際の検索結果を見るまではどちらが有利というものではありません。
ただ、作り手から言えば、前者の考え方ですと究極的には「タブレット用サイト」も
作る必要が生じますし、スマホも機種によって画面サイズが違うので、後者の考え方を
支持したい気がします。

何しろ更新時に2つとか3つの「同一内容サイト」を編集するというのは非効率ですから。

ですので、これからホームページを作る方は、まだ気にしなくてよいと思います。

とりあえず、モバイル向けのトップ画像も高解像度にしておいたほうが見栄えは良いかもしれません。
あまり高解像度だと「WiFiでないと表示が遅い」となって直帰率が上がってしまうというジレンマがありますが…

 
人気ブログランキングに参加中なのでぽちっとお願いします!

タイトルとURLをコピーしました