売れるもマーケ、当たるもマーケ

今回タイトルに一部を記載した
『売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則』
は私が最も影響を受けた本の1冊です。

このアル・ライズとジャック・トラウトはマーケティングにポジショニングという
概念をもたらしたことで有名です。

芸能人でも限られたマーケットで自分を売り込むために、
他の芸能人とかぶらないキャラを作りますよね。

あれです。売れるためには他とはかぶらないキャラ、
つまり、その商品だけのユニークなポジショニングが必要なのです。

まあ、ロングテールの中でオンリーワンになりましょう!
ということを前に言いましたが、このポジショニングも似ていますが、
他とは差別化するための独自のポジショニングが必要なのです。

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

アル ライズ ジャック トラウト Al Ries

東急エージェンシー出版部  1994-01
売り上げランキング : 6258
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本には、ポジションニングを確固たるものにするための
22個の法則が語られています。

一番手の法則
カテゴリーの法則
心の法則
知覚の法則
集中の法則
独占の法則
梯子の法則
二極分化の法則
対立の法則
分割の法則
遠近関係の法則
製品ライン拡張の法則
犠牲の法則
属性の法則
正直の法則
一撃の法則
予測不能の法則
成功の法則
失敗の法則
パブリシティの法則
成長促進の法則
財源の法則

一番手の法則は、先行者優位とも言いますが、
全く新しいメッセージを先に発した奴が一番メリットを受けるというものです。

よく言われることなんですが、世界文化遺産に指定された富士山は
日本一高い山だということはみんな知っていますが、
日本で2番目に高い山の名前を言える奴はよっぽどの山マニアです。

それぐらい、一番手は強いということです。

この本を読むと、いろんなマーケティングが戦略的に分かってきます。

人気のあまちゃんでも、『なまったまま行け』とプロデューサーが言いますが、
独自のカテゴリーを作って、そこで一番手になるための戦略です。

アグネス・チャンも、ビビアン・スーもわざと外人ぽくふるまうのは、
視聴者の知覚の中に粘着するためなのです。

それ以外にも、いくつもの法則があるので興味があったら読んでみてください。

そして自分で仕事を始めようと思ったときは、この本を参考にしてみてください。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

コメント

タイトルとURLをコピーしました