第五の権力 ~Googleには見えている未来 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第四権力と言えば、報道を含むマスメディアのことを指していますが、ここで第五権力と呼ばれているのは、まぎれもなく検索をはじめとしたインターネットで圧倒的な力を見せつけるGoogleのことを指しています。

この第五権力と共存していかなければならない業種に身をおいている者として、第五権力の王として君臨するGoogleの会長、エリック・シュミットがどのようなことを考え、どのような世界に私たちを導こうとしているのか、非常に気になってこの本を購入しました。

第五の権力—Googleには見えている未来 第五の権力---Googleには見えている未来 エリック・シュミット ジャレッド・コーエン 櫻井 祐子

ダイヤモンド社  2014-02-21
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これから読むところなので、感想などはおいおい紹介していきたいと思いますが、コンピュータ社会、インターネットの社会の到来によって大きく変わってきている世界の様相を知ることができる書物として価値のあるものだと思います。

本の項目だけでも、非常に気になるものが紹介されています。

以下のような内容が紹介されています。

2025年「世界80億人がデジタルで繋がる世界」、私たちの暮らし、国家、革命、戦争はどうなるのか?
新しい権力を手にした市民が向かう先は?
彼が語る「未来」には、すでにGoogleが「創りはじめている未来」だと感じさせるものもあり、
他の予測本とは違う「リアリティ」がそこにある。

・デジタル技術で健康になるのか
・政府や宗教はどうなるのか
・報道の危機─メディアは生き残れるか
・データの削除は可能か、不可能か 他
・インターネットに国境が生まれる
・中国によるグーグルへのサイバー攻撃の裏側 他
・誰もがテロリストになれる時代
・サイバーテロリスト養成キャンプ
・プライバシーとセキュリティのせめぎ合い
・オンラインでの人心獲得作戦 他
・自動化される戦争
・パルスで意思疎通を行う兵士
・ロボットと無人航空機で様変わりする戦争 他

エリック・シュミットが優秀なのは、分かりますが、共著者になっている、ジャレッド・コーエン(Jared Cohen)のプロフィールを見てビックリしました。

まだ30代前半でこんな凄い奴がいるのかと…

GoogleのシンクタンクGoogle Ideas創設者兼ディレクター。1981年生まれ。史上最年少の24歳で米国国務省の政策企画部スタッフに採用され、2006年から2010年までコンドリーザ・ライス、ヒラリー・クリントン両国務長官の政策アドバイザーを務めていた。現在は米国外交問題評議会の非常勤シニア・フェローを務め、国家テロ対策センター所長諮問委員会のメンバーでもある。2013年には、雑誌TIME「世界で最も影響力がある100人」に選ばれた。

この先、しばらくはGoogleの構想通りに世界は進んでいく、もしくはその方向に従おうとする大きな力が働くことは間違いないので、これからの未来を知りたい方は読んでみて損は無いと思います。

もしかすると先回りして、新しいビジネスの種がそこにあるかも知れません。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    やはり人のブログを読むといろんな発見があります♪僕は「家族で旅行に行く方法」というブログをやってます^^是非見てみてくださいね♪これからもブログ読ませて頂きますね!!それでは~

  2. SECRET: 0
    PASS:
    おじゃまします★ブログ拝見しましたv(。・ω・。)ィェィ♪人のブログを読むのが大好きなのでまた来ます(●´艸`)また、体調には気をつけてくださいね!では、失礼します♪

コメントを残す

*