2013年 1月 の投稿一覧

クチコミエンジンの作り方

photo:01


ダイレクト出版から新しい本が届きました。

本のタイトルは、クチコミエンジンの作り方。

ここ最近、既存のメディアを使ったマーケティングが機能不全に陥る中、

クチコミがとても注目を浴びています。

自分を騙すかもしれない知らない人がいうよりは、

自分が信頼がおける知人の言葉というのには、説得力があるものです。

多分、そこには利害関係が働かないからなのでしょうね。

レビューサイトの評判を見に行くのは、利害関係のない第三者が言っている言葉のほうが、

広告宣伝費をもらって、吹聴している人たちより、断然信頼がおけるからです。

そういう意味ではクチコミは最高のマーケティングツールかも知れません。

ですから、顧客にクチコミしてもらえうような信頼関係を築くことが一番大切なのでしょうね。

この本は、ザッポスの奇跡で有名なトニー・シェイも絶賛しているので、単純に

クチコミをこうやって起こすみたいな攻略法ではないと期待しております。

これから、じっくり読んでみます。

しかし、こういうアヴァンギャルドな仕様は、やっぱり中国ですね。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

SIMフリー DualSIM(同時待受可能) andoroid2.2 をゲット

昨日は、ヤフオクで激しい戦いの後、念願のandoroid2.2 SIMフリー DualSIM 同時待受可能スマホをゲットしました。

相手は、中国の方なので、送られて来るにはまだ時間がかかりそうですが…

CoolPad

SIMカードと呼ばれる携帯の通信チップを2枚挿すことが出来るすぐれものです。

特徴は次のようなもの。

andoroid2.2 SIMフリー DualSIM 同時待受可能

SIMフリーですので世界中で使えます。
利用可能国: 米国・日本・韓国を含む100ヶ国以上のGSM及び3G(2100MHz)ネットワーク
世界初、WCDMA+WCDMA(3G+3G)同時待ち受けの可能なデュアルSIM携帯です。
ドコモとソフトバンクの同時待ち受けなどが可能です。

仕様も紹介しちゃいます。

仕様

本体サイズ : 117.5×58.5×12 (mm)
重量 : 155g
ディスプレイ : 3.5インチタッチスクリーン 480×800ピクセル
通信方式 : GSM (900/1800/1900Mhz) WCDMA (2100Mhz) HSDPA対応
CPU : CortexA8 1Ghz
OS : Android2.2 (Froyo)
カメラ : 8メガピクセル
その他 : 重力センサー、WiFi、GPS、Bluetooth
外部記憶 : microSDカード (最大32GBまで、本体には4GBのカードが付属します)
メモリー : RAM512MB + ROM512MB
バッテリー : 1500mAh (バッテリーは2つあります)

若干仕様が古いところはありますが、2枚差しできますからね。

1枚は、ソフトバンクの通常の銀SIMカードを挿して、もう1枚は、
イオンSIMを挿せば、月額2,000円くらいで、ほぼスマホを実現出来ます。

これを子供に渡そうかと考えています。

iPhoneLTEにすると月額7,000円近くかかりますからね。

ビジネスマンはそれくらいかけても良いかも知れませんが、子供には贅沢すぎます。

ということで、その解決策としてのSIMフリー DualSIM携帯、機能するかどうか?

またご報告いたします。

しかし、こういうアヴァンギャルドな仕様は、やっぱり中国ですね。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

熊の狩猟師「またぎ」とお会いしました。

月曜日ですね。

1週間のはじまります。

札幌は天気が良いですが、成田空港の方に雪が降っているみたいで、

今年は異常気象ですね。

ところで、先週末仕事の件で、

熊の狩猟師「またぎ」とお会いして話をしました。

熊出没注意

北海道のヒグマを撃っているそうで、

何度か危険な目に合っているそうです。

ヒグマの体重は、250㎏から300㎏もあるそうで、

こいつに襲われると人間は、ひとたまりもないそうです。

ヒグマを撃とうとして、急所にあたらず手負い状態になって、

追っかけられたそうで、下手をしたら死んでいたかもしれない

ということでした。

これこそ、「ワイルドだろう?」って感じです。(^_^;)

本物のワイルドってすごいですね~

本物のまたぎから話を伺えて、とても興奮しました。

今週もよろしくです。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

Google(検索結果)が動いていますね~

昨日、岩手から帰ってきました。

ある企業のECサイトの打ち合わせで出かけて来ました。

盛岡駅

うまいものをたくさん食べたせいで太ってしまいました。

また節制したいと思います。

岩手は、北海道と変わらず、マイナス10度くらいで札幌に比べると雪は少ないかな~という感じでした。

日本海側と違い、太平洋側は、雪が少なくて良いですね。

ところで、Googleの検索結果が動いています。

順位が変更すると、私の方にメールが送らてくるのですが、

結構順位が変わっていて驚きました。

あるSEOのコンサルタントが言っていましたが、

今回の変更は、サイトの内部要素や、かなり昔に対策を実施したリンク(例えば、中小検索エンジンへの登録など)が影響している可能性が高そうです。

また、まだ分析中のためはっきりとしたことは分かりませんが、似た様なサイトを複数運営しているお客様は順位が落ちているように見受けられます。

確かにそういう感じですね。

やってもやっても上がらなかったところが上がったりしています。

まだ数日間はグーグルダンスをしそうなので、注意深く見守りたいと思います。

ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

facebookがGoogleに宣戦布告?新検索サービス「グラフサーチ」を発表

グラフサーチ

米フェイスブックが新検索サービス「グラフサーチ」を発表

http://www.cnn.co.jp/tech/35026926.html

こちらはCNNのニュースですが、

カリフォルニア州メンローパーク(CNN) 米交流サイト大手のフェイスブックは15日、友人などが投稿した内容を手軽に検索できる新機能「グラフサーチ」を発表…

グラフ検索では、フェイスブックに投稿された10億人のプロフィルや240億枚の写真などのコンテンツすべてが検索の対象となる。例えば「友達の友達のうち、スタンフォード大学を卒業してシカゴに住んでいる人」「近所に住むテニス愛好家」「1989年以降に撮影されたベルリンの写真」といった検索が可能で、友人が勧める医師やレストランなどの情報を探すこともできる。

まあ、Googleもアウサーランク(Author rank)を評価の対象にするというし、

何を言っているかよりも、誰が言っているかが気になる今の時代の要請に会っている気がします。

まだβ版ですし、日本語も使えないので、あまり大騒ぎすることもないのですが、今後そちらの方に流れていくのは間違い無さそうです。

でも、誰が何をしているのかを、ほぼ把握しているfacebookのサービスって恐ろしい感じもしますね。

個人情報ダダ漏れみたいで…

こちらから申し込みが可能です。

と言っても何も起きませんが。

多分、日本語が使えるようになったら通知が来るんじゃないでしょうか?

https://www.facebook.com/about/graphsearch

今日の私の体重65.7kg、なんとか64kgまで落としたい~

ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

いいね貧乏の実態

みなさん、facebookって何のためにやっているんですか?

人とつながるため?

友達を作りたいから?

それとも、ビジネスのため?

私はビジネスのためにfacebookをやりはじめました。

そのために、友達を増やしました。

今では4000人以上の友達がいます。

『それでビジネスに繋がったか?』

と聞かれると、

『…(^ ^;)』

苦笑いになってしまいます。

facebookというSNSの性質上、売り込みは嫌われる。

それはそうだ、しかもfacebook上の行為というのは、全てが可視化されていて、

他の人から見られてしまう…

だから売り込みは出来ないと言っても過言ではない。

そのために、どうしたら良いか?

共感を持ってもらえば良い。

そして友達になってもらえれば、ビジネスに繋がるんじゃないかと思い、

一生懸命投稿したり、いいね!を押したりする。

いつの間にか、それが目的化してしまい、

いいね!を押して押されることで満足して、

ビジネス活用したいという目的は消えてしまう…

こんな状況でした。

まあ、今もそのような状況だと言っても過言ではありません。

そんな時に出会ったのが、この本


『いいね!がお金に変わる魔法のマーケティング』

まだ読んでいるのは冒頭の部分ですが、共感することが多いです。

『そうだよね、俺ってもしかして、いいね!貧乏?』

もしあなたも、私と同じような悩みを抱えているなら、この本を読んで見ませんか?

いいね!をお金に変える方法が具体的に紹介されています。

いいね!がお金に変わる魔法のマーケティング
いいね!がお金に変わる魔法のマーケティング川上徹也

フォレスト出版  2012-12-08
売り上げランキング : 2394

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まだ読んでいる最中なので、

読んだら内容を紹介したいと思います。

ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

人を知ってもらう…

ウェブページ

東京で打ち合わせを終えて、このメールを書いております。

東京のクライアントと話をしていて、次のようなやり取りがありました。

『ホームページからの受注がない』

と言われてしまい、私もぐっと構えてしまったのですが、

その後、話しを聞いていくと

『知人がブログで紹介してくれていて、そこからホームページに飛んできて受注した。』

ということを語っておられました。

『それってホームページからの受注じゃないのかな?』

と思うのですが、先方はそうは思っていないようです。

クライアントが考えているホームページの効果とは、

全く見ず知らずの方が、ホームページを検索してホームページから申し込んでくる

ことのようです。

確かにそれを期待したくなるのは分かりますが、

今の時代、インターネットは情報を検索する場から、

人とつながる場に変わりつつあります。

そして、購買するためには、必ず他の人の評判を見てから購入するようになっています。

ですから、自分の仕事を評価してくれた人が、ブログやソーシャルメディアで紹介してくれて、それを見た人が、ホームページに来てお問い合わせを入れる。

これが最近のインターネットでの購買行動なのだと思います。

ですから、仕事をきっちりとこなして、それを評価してもらう。

そしてそれをインターネットで情報拡散してもらい、

そこからお客様になっていくというのが、これからの流れなのではないかと

思います。

そうやって考えていくとブログで仕事ぶりを紹介してくれるような、

ロイヤリティの高いお客様をいかに獲得していくか?

というのが企業のマーケティングのような気がしてきます。

ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

2013年のSEOについて

今まで、ずっと検索でトップに表示されていたサイトが下がってきてしまいました。

年末から、年明けにかけてもGoogle様はいろいろと調整をしているようです。

パンダペンギン

海外のSEO関連の情報を見ていましたら、

GoogleのミッションはSEOを抹殺すること

と出ていて、今後もGoogleはSEOを

簡単に手足の出せないものに変えていこうとするようです。

そして重点は被リンクから、コンテンツに変わっていこうとしているというのを感じます。

ですから、サイト規模の大きいポータル系のサイトが圧倒的に上位に出てくるようになっています。

ですから、今後コンテンツの質と量を高めていくことにフォーカスほうが良いと思います。

ですから、ウェブサイトの運営が今後とても大切になってくるということです。

業者任せではダメですよ!

2013年 SEO業界の展望 (5つ)
http://www.sem-r.com/news-2012/20130104060022.html

に書いてありますが、

AuthorRank コンテンツ制作者の評価

AuthorRank – コンテンツ著作者の評価に基づいて重要度や信頼度の重み付けを行うランキングアルゴリズムがそろそろ本格的に投入されてくるのではないでしょうか。信頼出来る著作者による、高品質なコンテンツの発見性を高めることに寄与するであろう authorship は、今日の Google の方針とも一致しており、本格投入の時期が待たれるところです。SEOの担当者は、大量サイト生産や購入によるリンクの生成の時代は終わり、今年も、来年以降も、コンテンツにフォーカスされる時代になっていくということを改めて理解すると共に、それにあわせた組織形成を行っていく必要があります。

何を書いているかではなく、誰が書いているか?

が問われる時代が来るということです。

2013年も検索エンジンの世界は大きく変わっていきそうです。

ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo