2013年 4月 の投稿一覧

またぎに会って来ました。

今日は、GWの2日目、

昨日は、仕事で日高にいる、狩猟師(またぎ)に会って来ました。

今、ペット用の鹿ジャーキーや、骨を加工しているのですが、

その工場に、熊の頭の剥製がありました。

以前に、熊を打ち損ねてその熊に追いかけられて、

殺されかけたそうですが、その熊の頭なんだそうです。

熊の頭

見た時、かなりビックリしました。

最近、札幌でも熊出ますからね…

山に登ったり、山菜を獲り行く人は気をつけないといけませんね…

しかし、自然はいいですね。

とっても癒されました。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

LINE、ネット選挙解禁で全政党に公式アカウント無償提供

ネット選挙が解禁されて、各IT系の企業も話題作りの格好の機会と見てか、
ネット選挙解禁に向けた様々なサービスを発表しています。

LINE

若者たちに絶大な支持を受けているLINEも通常有料のサービスを政治家向けに無償で提供するそうです。

LINE、全政党に公式アカウント無償提供 ネット選挙解禁で
http://www.j-cast.com/2013/04/18173397.html

ネット選挙解禁に合わせ、LINEは2013年4月17日、すべての政党にLINEの公式アカウントを無償で提供することを明らかにした。

   無償提供後には、各政党は4500万人以上ものユーザーにメッセージや写真、動画を自由に配信できる。LINEでは、その狙いについて、政治への関心を高め、投票率を上げることだと説明している。

LINEをやっている人たちが、選挙に関心を持っているかどうか、
ちょっと?な部分もありますが、これで投票率が上がれば、日本にとっては
良いことなのかも知れませんね…

新聞を見ていると、中傷誹謗を監視するサービスや、ネット選挙のための人材派遣サービスなど、いろんなサービスがローンチされているみたいで、見ているとすごく刺激を受けます。

どれくらい普及するか楽しみですね~

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

ネットワークニュース北海道に出ました。

遂に、ネット選挙解禁の選挙法改正案が成立しましたね。

次の参院選から適用化されるみたいです。

しかし、国会は、いっつも法律作ってばっかりいるな~って思うんですが、
よくよく考えてみれば、立法府なわけだから、法律作るのは当たり前なんですよね。

立法と行政の区分けって難しいな~と思う今日このごろです。

ネット選挙解禁 改正法が成立

インターネットを利用した選挙運動を夏の参議院選挙から解禁する改正公職選挙法は、19日の参議院本会議で全会一致で可決され、成立しました。
この改正法は、夏の参議院選挙以降に行われる衆議院選挙と地方選挙にも適用されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130419/t10014032471000.html

ネット選挙解禁に向けて、ネットワークニュース北海道(NHK)に、IT関連会社社長ということで、出演させていただきました。

麿(マロ)こと登坂アナウンサーの番組に出させていただいたのは、とっても嬉しいです。

ネット選挙解禁

なりすましや、中傷誹謗にどう対応していけば良いのか?
という部分で、コメントさせていただきました。

テレビには、前にも出させていただいたことがありますが、
やはり緊張するものです…(^_^;)

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

WordPressを標的にしたブルートフォースアタックについて

数日までに、インターネットのニュースサイトでWordPressを標的にしたブルートフォースアタック(総当り攻撃)が横行しているようです。

WordPress を狙ったブルートフォース攻撃
http://japan.internet.com/webtech/20130416/4.html

こんな記事が出ていました。

弊社の管理しているサーバーにもWordPressが入っているものが多いので、
緊急メンテナンスをしております。

WordPressの管理ユーザーは、デフォルトのadminが多いので、
それをターゲットにしているようです。

二つの認証符号のうちの1つが決まってしまえば、クラックはかなり容易になりますからね…

一応、こちらに対応策が書かれていますので、心当たりがある方は、対応された方が良いかと思います。

こちらにも具体的な対策が書いてありました。

http://ja.naoko.cc/2013/04/13/wordpress-brute-force-attack/

すべてのWordPress を狙って「admin」ユーザー名と大量の一般的なパスワードを使ってログインを試みるボットネットが流行っており、ニュースになっています(特に、この問題への「ソリューション」を提供する会社がこれを話題にしています)。

僕がおすすめするのは、以下の方法です。

  • まだ「admin」というユーザー名を使っている場合は、変更しましょう
  • 強力なパスワードを使いましょう。
  • WordPress.com でブログをお持ちなら、2段階認証を有効化しましょう。
  • そしてもちろん、最新版の WordPress を使いましょう。

可能な限り早めに対策することをお勧めいたします。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

ネットでのなりすましから身を守る方法

NHKの札幌から連絡が来て、

ネット選挙解禁について、取材をされることになりました。

放送されるかどうかは、分かりませんが、

この世界で生きて長いので、ある程度のことはお答えできるのではないかと思います。

やはり、ネット選挙解禁で、多くの人達が心配しているのは、

なりすましなどのネットのネガティブな側面についてです。

私も、そのことを調べておりますと、

facebookやtwitterでもかなりの人たちがなりすましの被害にあっているようです。

半年前ぐらいの情報ですが、facebookでは、1日60万人がなりすましの被害にあっているそうです。

なりすましにも、いくつかの種類があり、

IDとパスワードが盗まれてしまい、アカウントを奪われてしまう

いわゆる乗っ取りと

もう一つは、言葉のごとく、その人のふりをして、様々なネガティブ行動を行う、

よく似た別人のアカウント

というものがあります。

facebookはかなり個人情報を深くよるため、後者は少なくアカウントが乗っ取られるケースが多く、twitterは個人情報の特定が少ないため、よく似た別人のアカウントがやりたい放題のことを行うケースが多いです。

facebookの場合は、そのシステム上でセキュリティの設定をきつくして、乗っ取られる危険性を低くする方法が主流で、twitterの場合は、twitterの被害報告のページから、対策依頼を申し出ることが、主流のようです。

下記に付記しますので、参考にしてみて下さい。

Facebook「なりすまし」対策の鉄則
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/175facebook/01.html

Twitterで「なりすまし」しているアカウントを削除する方法
http://gigazine.net/news/20100403_twitter_impersonation/

ネット選挙のなりすましで、いろいろと調べておりましたが、

ネット選挙よりも、個人でなりすまし被害にあっている方のほうが、

多いと思いますので、各人気をつける必要がありますね。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

ネット選挙解禁法案が衆院通過、来週にも成立

昨日、インターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案が衆院で可決されました。

法案が衆院通過、来週にも成立
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130412/plc13041222480019-n1.htm

参院審議を経て来週にも成立する見通しだそうです。

ネット選挙で怖いのは、なりすましの件ですね。

以前にもツイッターで菅直人元首相の偽アカウントが大量発生して話題になりました。

インターネットの特性は、匿名性を保持しやすく身元が判明しずらいというところにありますので、このようなことがいくらでも起こる危険性があります。

法案では、なりすましで開設されたウェブサイトや誹謗(ひぼう)中傷を行うブログなどを候補者が発見した場合、削除を要請できるとありますが、これが海外のサイトだったりすると、どこに削除を依頼すれば良いのか?ということになります。

しかもやりとりしているうちに選挙が終わってしまう可能性だってあります。

そのため、政党や候補者は、自分自身が本物ですよという証拠を提出しなければならず、そのための担保として、ウェブサイトに実在証明をするためのSSL証明書だったり、メールにも電子署名をつける必要が出てくるだろうと思います。

ということで、ネット選挙を行うにあたっては、今までのような簡易のホームページでは難しいかも知れません。

あと、忘れていましたが、twitterやfacebookには本人を証明する仕組みがありますので、また紹介したいと思います。

http://senkyolabo.com/
インターネット選挙戦略研究所

こんなところもあるみたいです。総合的なサポートをしてくれるそうです。(^_^)

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

ブラウザ戦国時代…Googleが独自エンジン開発

今までも、コンピュータビジネス(良い言葉が浮かばない)の覇権をかけて、
ブラウザ戦争が勃発してきました。

ブラウザ

例えば、古いところだと、

ネットスケープ・ナビゲーター(NN)とインターネット・エクスプーローラー(IE)

この戦いは、IEに軍配があがり、NNはMozilla、そしてFirefoxへと名前を変えて行きました。

そして、GoogleのJavascript革命により、ネットのサービスでのJavascriptの比重が高くなるにつれて、Javascriptの動作が遅いIEは評判を落とし、それに変わって動作が速いと評判になったGoogleのChromeがどんどんとシェアを高めてきました。

一昔前まで蜜月だった、GoogleとAppleが、スマートフォンの覇権をめぐって対立し、その関係は険悪なものとなり、今回、Appleが主導しChromeに搭載されていたWebkitの採用をやめて、独自のレンダリングエンジン、Blinkへの移行を発表しました。

新ブラウザ戦争点滅。グーグルがアップルのWebKitを離反、
ChromeとOperaが独自レンダリングエンジンBlink採用へ
http://www.gizmodo.jp/2013/04/webkitchromeoperablink.html

やっぱり、インターネット時代は、ブラウザを押さえたものが覇権を握るのでしょうか?

今後、どのような流れになっていくのかは分かりませんが、
作る側は、ブラウザごとに仕様が微妙に違ったり、ページの見え方が違ったりして、
大変なんですよ~~

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

twitter、facebookの次に何が来るか?

ネットのメディアというのは、流行り廃りがあって、
旬な時は、比較的アテンションを集めやすいですが、
旬を過ぎると、なかなか難しいものになっていきます。

私なんかも、twitterは最近、そんなに一生懸命見ているわけではありませんし、
facebookは毎日投稿していますが、昔ほどはまりこんではいません。

まあ、人間というのは、飽きやすいものなんですね。

AKBの総選挙も今年はあまり盛り上がっていないみたいです。
※どうでもよい話ですが…(^_^;)

ですから旬のメディアを見つけて、そこでアテンションを集めたい
という気持ちは分からなくはありませんが、facebookの次に
来るメディアと考えても、今のところこれは来る~~というのは
見当たらないのが、実際のところです。

そこで、

はてなブックマークを見ていたら、面白い記事がありました。

「TwitterやFacebookの次は何が来るか」だって?
そりゃお前、ブログに決まってんだろ!
 - イケダノリユキブログ ❤ ikedanoriyuki.jp


http://www.ikedanoriyuki.jp/?p=3680

※Facebookでのロングエントリーが聴衆のアテンションを取りにくい場所でのスピーチだとすると、ブログは講演です。みんなあなたの講演をわざわざ聞きに来てくれたオーディエンスです。友人とのおしゃべりを楽しんでいるパーティーでいきなり始まったスピーチと、わざわざあなたの講演を聞きに来てくれた人に話しかけるのと、どちらの方があなたの考えをうまく伝えることができるでしょう。答えは明らかです。

みんな、ブログ書こうぜ!

ということで、私もこの意見に賛成です。

facebookの個人ページの記事は、Googleにインデックスされませんが、
ブログの記事は、きちんとインデックスされて検索経由で何度も見られますから、
ブログを書いていくことは資産になっていくと思います。

ということで、みなさんもブログを書いていきましょう!

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo