昨日のニュースに出ていましたが、Googleの次のビジネスはロボット開発だそうです。

先日もAmazonが、超小型無人飛行機で商品を届けるサービスを考えているという話が

ありましたが、Googleもロボット開発を考えているようです。

Google、今度はロボット開発に進出

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/IDG/20131206/523042/

Googleは現地時間2013年12月4日、Computerworldの取材に対し、独自のロボット技術の開発を目指して、この半年間で複数のロボット関連企業の買収を進めてきたことを認めた。

AmazonもGoogleもインターネットの世界から、リアル世界にその領域を広げようとしていますね。

ドラえもんではありませんが、人間とロボットの共存社会というのも将来的に

現実のものになっていくのかも知れませんね。

ロングテールやフリーミアムという言葉を世に広めた、クリス・アンダーソンも
フリーミアムは、ビットの世界(ネット)からアトムの世界(リアル)に進出する
と言っていますからね。

AmazonやGoogleがロボットというキーワードで、人間を必要としない生態系を
作ることで、また大きなフリー経済を作っていくのかも知れません。

なんていうことを妄想してしまいました。

ということを書いていて、ワイヤードを見たら、まさしくGoogleのロボットのターゲットはAmazonだと指摘していました。

GoogleCar


http://wired.jp/2013/12/06/google-retail-robot-army/

本当に、Googleのロボットたちが、無人で商品を届けるなんてことが将来起こりそうですね。

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる クリス・アンダーソン 関美和

NHK出版  2012-10-23
売り上げランキング : 1309

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら