2016年 7月 の投稿一覧

家ネコ、ユキちゃんの様子

2016年6月27日に我が家に来たユキちゃんですが、約一ヶ月経ってかなり慣れました。

ユキ1

最近は、かなり家族や家になれて、全然緊張はしていないです。

トイレも、粗相すること無く決まったトイレの場所で済ませています。

最近では、家族の機嫌をとろうという態度が少なくなり、
気が向いた時だけ、膝に乗ってきます。

ユキ2

それでも、やっぱりヒト寂しいらしく、ヒトが居るところが良いみたいで、居間の椅子で寝るのが大好きです。

はじめのうちは、2階だけを行動範囲にしておりましたが、1階に行きたくて行きたくて、ずっとドアの前で待っているので、最近は、1階にも自由に行き来できるようにしています。

 

ユキ3

一見、アメショ風、サバトラ柄のユキちゃんです。

また紹介します!

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

友だち追加

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えています。
もしよろしかった登録してみてください!

Pokemon GOを入れました!

北米などで、既に公開されて、海外セレブたちも巻き込んで大人気となっていた、Pokemon GOですが、日本でもついに公開されました。

最初はアンドロイドからという話でしたが、うちの会社のスタッフに聞いたところ、iOSでも公開になっているみたいですね。

私は、アンドロイドなので、アンドロイドで早速インストールしました。

ポケモン起動画面

起動画面です。

ポケモンキャラ

自分のキャラを作りました。

なんとなく風貌が欧米ですね。 Googleからスピンアウトした人たちが作ってますからね。

ポケモンAR

うちの会社の近くの地図が出ています。

 

ヒトカゲゲット

早速ヒトカゲをゲットしました。

いろんなところにスポットが立っているので、そこに行きたくなっちゃいますね。

確かに子供がスマホを持って熱中しすぎて、外で何かとぶつかったりしたら危ないと思いますので、気をつけて遊ばないといけないですね。

あと、スマホの低学年化も気になるところですね。

しかしイノベーションが起きる時は、社会的な摩擦が発生するのも、歴史の常なので、Pokemon GOもうまく広がっていって、新しい文化になっていくことを期待しております。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

友だち追加

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えています。
もしよろしかった登録してみてください!

最近購入した本、メカ屋のための脳科学入門

娘にせがまれて、大人買いしたコミック『4月は君の嘘』を全巻読み終えました。

中学生が主人公の、青春恋愛もの?なんですが、40代後半の良い大人が、毎巻泣かされて、最後は、切なくて切なくて仕方がありませんでした。

うちの妻にも読んでおもらおうと思って、読んでみないかと勧めているのですが、コミックを読む時間があったら、その分寝たいとか言われて取り合ってもらえませんでした。

息子の予備校の夏期講習が始まり、土日も講習をやっているので、毎朝弁当を作っているため、ゆっくり寝られないのだそうです。

それは置いておいて、土曜日にちえりあで、レジリエンス(逆境力)の講座を行いました。

このレジリエンスというのは、ポジティブ心理学の一種なんですが、最近では、心理学と脳科学というのがすごく近づいてきています。

心理学と言うのは、社会科学の一種だったんですが,最近は脳科学のような自然科学に非常に近づいてきているんですね。

私の場合、コンピュータを使って仕事をしておりますので、心理学・脳科学・コンピュータという3つが入り混じって、より人間を深く理解したいという欲求が自然と湧き上がってきます。

そんなんで非常に面白そうだったので、購入したのが、下記の本です。

メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする

脳科学

 

東大・工学部の超人気講義が待望の書籍化!

本書は脳や神経の働きを、他分野、特に機械システムの技術者などを対象に体系的に解説した脳科学の入門書。随所に事例やコラムなどのエピソード(ロボットなどへの応用)をまじえ、メカ屋の目線で分かりやすく最新の脳科学の基礎を学ぶことができる。

「これは驚いた! エンジニアの視点から脳を眺めるまったく新しい解説書。
機械系の学生はもちろん、生物を学ぶ若者にこそ読んでほしい。パラダイムシフト必至だ」(東京大学教授 池谷裕二氏)

「本書では,『脳がどのようなハードウエアで,どのような機能を実現しているのか?』という疑問に答えようとしている.長年にわたり機械設計を教えてきた小生からすれば,機械に向き合うのと同じように“脳”を考えることなどできるわけがないと考えるところだ.しかし,本書を読めばわかるように,ずいぶんと時代は変わったようだ.最近の脳科学は,実験手法も実験データも洗練され,機械設計と同じような考え方で脳の働きを考察できるようになっている。

これからの心理学は、脳科学を抜きには語れないような気もするので、どんな内容にないっているのか非常に楽しみです。

メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする-
メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする- 高橋 宏知

日刊工業新聞社  2016-03-25
売り上げランキング : 2241

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

友だち追加

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えています。
もしよろしかった登録してみてください!