2017年 1月 の投稿一覧

人気にゃんタレ ビジュアル図鑑

うちに猫が来てから、半年になりますが、

随分、慣れたのか、あまり家族にずいぶん自然体になってきました。

以前は、粗相をしてしまったり、なんとか機嫌を取ろうとして、家族の膝に乗ってきたりしたのですが、今は、変に気を使うこともなく、のびのびとやっています。

体重も、もらわれて来たときよりも500gくらい増えて、ぽっちゃりしてきました。

こんな感じに、お腹を見せて寝ることも多くなってきました。

最近のデータによると、犬を飼う人が減ってきて、猫を飼っている人と変わらなくなってきているみたいです。

娘が猫が好きで、猫を飼うことになりましたが、家族のみんなも猫で癒やされたりすることがあるようです。

最近、コンビニで下の本を見つけて購入しました。

猫侍で有名になった、あなごや、ふてにゃんこと春馬、

じゃらんのCMに出ている、旅猫にゃらんなども出ていて、

DVDもおまけでついてくるのですが、猫好きにはたまらない内容になっています。

人気にゃんタレ ビジュアル図鑑
人気にゃんタレ ビジュアル図鑑 学研プラス

学研プラス 2016-12-13
売り上げランキング : 66779

Amazonで詳しく見る by G-Tools

去年にNHKか何かの番組でやっていたのですが、

猫は人間にして、2~3歳の知能があるそうです。

2~3歳の知能があるってすごいですよね。

今日も帰ったら我が家の猫を可愛がってあげようと思います。

それでは!

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

 

 

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こ ちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

友だち追加

 

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えていま す。
もしよろしかった登録してみてください!

昭和元禄落語心中シーズン2がはじまりました。

以前、昭和元禄落語心中というアニメがあって、Amazonのプライムで、シーズン1をオンタイムで見ていたのですが、ようやくシーズン2がはじまりました。

 

シーズン1が終わった時、しばらく昭和元禄落語心中ロスになっていたので、本当に待望のシーズン2という感じです。

 

 

http://rakugo-shinju-anime.jp/

 

昭和元禄落語心中という名前だけあって、タイトルに絡む重たい話が展開するのですが、落語という芸能が、時代遅れになっていく悲哀と、そこにかける人間たちの孤高な姿が、ぐっと胸にくるものがあります。

 

コミックも読もうかと思ったのですが、アニメの展開が早いのと、声優さんも落語に造詣がある人達がやっているので、本物の落語を聞いているような気持ちになり、アニメ版で物語を辿って行きたくなりました。

 

ようやくシーズン2がはじまったので、すごくワクワクして、生活にも張り合いがもてそうです。

 

あとは、大河ドラマの直虎も見ていこうとは思いますが、真田丸ほどはワクワク感がないな~と思っております。

 

そういえば、週末に、娘と魔法少女まどか マギカ、こちらもアマゾンプライムで9話から12話(最終話)まで見ました。

 

こちらも重たい話でしたが、面白かったですね~。

 

話は変わりますが、私の会社も通常スケジュールで動き始めております。

 

 

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

 

 

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こ ちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら
友だち追加

 

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えていま す。
もしよろしかった登録してみてください!

明けましておめでとうございます!

 

皆様、明けましておめでとうございます。

 

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

2016年歳男の大晦日は、紅白をみながら過ごさせていただきました。

 

X JAPANやイエモンが出ていて、同世代の中年男としては、そこらへんが一番興奮しました。

 

しかし、TOSHIはあの年齢でよくあの高音が出せるね…

 

カラオケに行っても、最近高音が出なくなってきました。

 

昔のハードロックバンドの最近のライブをYouTubeで見ると、みんな高音が出なくなって、メロディラインを変えてたりするので、TOSHIは頑張っているな~と感心しました。

 

ゴジラと、タモリのくだりはいらなかったかな~と思います。

 

娘たちは、星野源が出てくるたびに反応していましたが、私にはウソ太郎に見えて仕方ありませんでした。

 

宇多田ヒカルの「花束を君に」は、お母さんを想いながら歌っているであろう彼女の歌声に、涙させられました。

 

ゆく年くる年で厳かな気持ちで新年を迎えたかったのですが、またもや星野源見たさに娘たちにCDTVに変えられ、「どんだけ星野源?」みたいな感じで、あんまりありがたさなしに寝床に入りました。

 

2017年、皆さんにとって、素晴らしい1年になりますように…