2019年3月のCMSシェアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■目次

1. 2019年3月のCMSシェア
2. いまさら聞けないCMSって何?
3. やっぱり王者はWordpress
4. Joomlaって使ったことあるけど
5. Wixって伸びてるのね?
6. それでもCMS無しのシェアも大きい

3月になりましたね… 卒業の季節です。先日、テレビで卒業ソングの特集をしていましたが、今中高生の間で最も人気の高い卒業ソングは、レミオロメンの3月9日だそうです。

あれいい曲だよね… あれ聞くとちょっとウルウルきます。

ところで、私は、最近iPhoneじゃなくAndroidを使っているんですが…
なぜAndroidかっていうと、最近はAndroidも結構動作が良いし、しかも安いから気に入らなかったら買い換えられる気軽さが良くて、Androidを使っています。

でもAndroidのDiscover機能ってすごくて、自分の興味関心に合わせて情報が表示されるので、意図的に探さないでも、私が好きそうな情報を提供してくれます。

これも恐らく、AIあたりが動いていてレコメンド(推薦)してきているんじゃないかと想像しています。

1. 2019年3月のCMSシェア

そんなDiscoverが勧めてきた情報が、マイナビニュースの以下の記事

WordPress以外に順位変動の兆し – 3月Webサイト向けCMSシェア
https://news.mynavi.jp/article/20190301-779849/

Successから2019年3月のWebサイト向けCMS (Content Management System)のシェアが発表された。2019年3月もCMSを使っていないサイトが減った。CMSの中で最大シェアを誇るWordPressが増加した一方、2位につけているJoomlaはシェアを減らした。

CMSの2位と3位にランクインしているJoomlaとDrupalはこの1年間で減少傾向を続けている。対する4位、5位、6位にランクインしているShopify、Squarespace、Wixはこの1年間で大きく増加している。この傾向が続いた場合、そう遠くない段階でWordPressを除く上位の順序が入れ替わる可能性がある。

2.いまさら聞けないCMSって何?

CMSって恐らく、Web業界の方は、みなさんご存知だと思いますが、一般の方で、分からない方がいるかも知れないので、CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略称です。WordPressが代表的で、サーバー上にシステムをインストールして、管理画面から、コンテンツを更新していくものです。

昔はMovable Typeという有名なCMSがあったんですが、今は表にも出てこないくらいシェアが小さくなってしまったんですね。

栄枯盛衰、CMSも流行り廃りがあるのです。

3. やっぱり王者はWordpress

円グラフを見ると、トップのCMSがWordPressで33.3%となっています。
WordPressはやっぱりすごいですね。世界のホームページの三分の一はWordPressで作られています。WordPressはSEOに強いとも言われていて、しかもいろんな機能をプラグインで簡単に追加できるので、私の会社でも最近は、CMSを使う場合は、大体WordPressを使っています。

4. Joomlaって使ったことあるけど

2位のJoomlaや、3位のDrupalも使ったことがありますが、やっぱりWordPressの便利さには敵わないですね。会員サイトや、SNSみたいなものをやりたい場合は、JoomlaやDrupal
も良いかも知れませんが、コーポレートサイトを作ろうとすると、その自由度というか相性は、WordPressが良いというのが私の実感です。

前にも、ちょっと紹介したMovable Typeもコーポレートサイトを作ったりするには、良かったのですが、こちらはWordPressと違い有償で、しかも最近値上げしてきたりしているので、あまり使わなくなってしまいました。

5. Wixって伸びてるのね?

Wixって最近、YouTubeを見ていると、動画を見る前に、結構な頻度でWixのCMが出てきて、無料で始められて、簡単に格好いいホームページができるみたいに宣伝しているのですが、実際にやってみると完全に日本語化されていなかったり、私達がお客様から有料で仕事を引き受ける場合は、「こうしたい」という要望に応えられない場合があって、それだとちょっと難しいな~という感じです。

6. それでもCMS無しのシェアも大きい

それでも、いまだに44.7%はCMSなしで、Webサイトが作られているという事実にびっくりしたのと、ちょっと安心しました。CMSを使わないで、HTMLとCSSで作るホームページも今後も残り続けるのでしょうね。

CMSは、PHPという言語で構築されていたり、MySQLというデータベースと連動して動作するため、少し動作が遅くなったりする場合があります。

それに比べて、静的なHTMLで作られたサイトは、なんだかんだ言ってもサクっと動きますからね。

ただページ数が多くなってくると、CMSはやっぱり楽なので、状況や、用途に合わせて、
何を使うのか、最適なものを選択するのが良いと思います。

ということで、CMSについて今回は書かせていただきました。

ブログ人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加