読書

アテンション―「注目」で人を動かす7つの新戦略

アテンション

インフォバーンの小林弘人さんが日本語版の解説をしている「アテンション」という本を購入しました。

この小林弘人さんが絡んだ本は、日本のネットビジネスに大きなインパクトを与えることが多いので、コレは要チェックだと思い、入手しました。

以前に、FREEという本がありましたが、この本も小林弘人さんが監修していて、その後日本のネット界は大きく変わったというか進化しました。

恐らくこのアテンションという本も、この本の以前と以後で、ビジネスのあり方が変わっていくと思います。

プレ・アテンションと、ポスト・アテンションみたいな感じです。

それぐらいインパクトがある本です。

アテンション――「注目」で人を動かす7つの新戦略
アテンション――「注目」で人を動かす7つの新戦略 ベン・パー 小林 弘人

飛鳥新社  2016-02-26
売り上げランキング : 179

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アテンション―「注目」で人を動かす7つの新戦略

・なぜAmazonの「1-Clickで今すぐ買う」ボタンはオレンジ色なのか
・CDが売れない時代になぜビヨンセはメガヒットを飛ばせるのか
・有権者の関心をひく政治家の「議題設定」テクニックとは
・重要な相手に「温かいコーヒー」を渡すべき理由とは
・なぜ寄付集めに成功する慈善団体とそうでない慈善団体があるのか
・なぜ無名の広報担当者のツイートが史上最悪規模で炎上したのか
・エアビーアンドビーはいかにして炎上を消し止め、失った信頼を回復したのか
・なぜマクドナルドのヘルシー路線は失敗したのか
・AKB48の根強い人気を保証する「パラソーシャル関係」とは

「あなたが何者であれ、そして、なにを企てているにせよ、本書に書かれた〈3つの注目〉〈7つのトリガー〉と無関係ではない」

この7つのトリガーとは、

【無意識】
【フレーミング】
【破壊】
【報酬】
【評判】
【ミステリー】
【承認】

です。

既存のマーケティングが次第に力を失っていく時代に、自分のアイデアを広げようとしたら、<アテンション(注目)>を制する必要があり、そのためには7つのトリガーを利用する必要があるというのがこの本のテーマです。

ちなみに、この本の原題、Captivologyはデジタルテクノロジー上の説得力についての研究を指しているそうです。

私も真剣にこの本を読んで、自分の仕事に活かそうと思います。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

友だち追加

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えています。
もしよろしかった登録してみてください!

福島千里さんも推薦!!

世界陸上が盛り上がっておりますが、あの高校生…サニブラウン君すごいですね。

名前を聞いただけだと、日本人か判断するのが難しいですが、日本人ですから、日本語も普通に話していて、これからは日本を代表する選手として頑張ってほしいな~と思います。

陸上女子では、100メートル、200メートルで日本記録を持っている、福島千里さんが有名ですが、北海道幕別町出身で、今は、北海道ハイテクノロジー専門学校の教員をされている生粋の道産子です。

そんな彼女が、その走りに磨きをかけるために、通ったのが幸健美歯科クリニックというかみ合わせ治療を行ってくれる歯科医院です。

私も、そこの患者さんですよ~~。

http://www.koukenbi.com/

なぜ、アゴの位置を正すと

その幸健美歯科クリニックの佐藤嘉則(さとう・よしのり)先生が、著書を上梓されました。

その名も、

なぜ、アゴの位置を正すと、痛み・歪みが消えるのか? – あなたの身体はアゴで激変する! – (ワニブックスPLUS新書)

ちょっと長いタイトルですが、アゴの位置がずれていると、体調が不調になることも多いようです。

私の会社のスタッフも、肩こりや、偏頭痛に悩まされていましたが、あごの位置がずれたせいということで、治療に通っておりました。

この本を読むと、自分のアゴの位置チェックから、自宅で出来るアゴずれ対策まで、その重要ポイントを教えてくれます。

なにか、体調がすぐれず、アゴの位置が気になった方は、一度この本を読んで見られることをおすすめします。

私は、佐藤先生の奥様から、直接本を購入させていただきました。

私も、スマートフォンで自撮りをすると、鏡で見ている顔と違って、左右非対称なので、アゴがずれているんだろうな~と思います。

この本で、アゴずれ対策をしてみようと思います。

なぜ、アゴの位置を正すと、痛み・歪みが消えるのか? – あなたの身体はアゴで激変する!  – (ワニブックスPLUS新書)
佐藤 嘉則

ワニブックス  2015-08-22
売り上げランキング : 22121

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

友だち追加

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えています。<br& gt;<br=””>
もしよろしかった登録してみてください!

</br&>

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法

さとなおこと、日本のコミュニケーション・ディレクター佐藤尚之さんの最新刊が出ていたので、Amazonで購入しました。

同じ佐藤ですが、全然関係が無い方ですが、さとなおさんの洞察力は素晴らしいものがあるのでいつも参考にさせていただいております。

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)

明日のプランニング

「最近なんだか伝わっている手応えも実感もない」
「以前はもっと反応があったけど、近ごろそれもなく、やり甲斐がない」
「広告もコンテンツも効いてる気がしない」
「苦労してバズらせても、一瞬火がつくもののすぐ忘れ去られてしまう」
「SNSが重要かと思ってがんばってるけど、効果が感じられない」

……そうお嘆きのあなたに。

あなたがどうしても伝えたいその「情報」は、どうすれば相手に伝わるのか。

広告、宣伝、広報、販促、営業、メディア……
「伝える」仕事に携わる、全ての方への処方箋――。

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)
佐藤 尚之

講談社  2015-05-20
売り上げランキング : 322

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新書なんで読みやすそうですね。

さとなおさんによれば、現代の情報過多の世界で私たちのマーケティングメッセージは、

「もう絶対に伝わらない」という圧倒的絶望から始めないといけないとボクは思う。

とはいえ、そんな絶望の中でも「伝わる方法」はある。
ボクが思うに、「ひとつ」ある。

無限の砂嵐の中で、自分が伝えたい砂粒を相手に届ける方法が
少なくともひとつはあると思っている。

その答えが、

冷たい触感がするテクノロジー的なものではなくて、
とてもアナログで人間的で喜びに満ちたやり方

なんだそうです。

う~ん、深いですね。

私たちは、マスマーケティングの延長発想で、悪い言葉で言えば、下手な鉄砲数撃ちゃ当たるで、テクノロジーを使って、安いコストでスパム的にメッセージを届けようとするけれど、それじゃ嫌われこそすれ、相手に好感されて、商品を選んでもらえるということはないということですね。

本当にそのとおりだと思いますわ…

もっと、さとなおさんの伝えたい真髄を理解したいので、真剣にこの本を読むことにします。

ちなみに、Kindleで読んだんですが、この本も良かったですよ。

ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議
小霜和也

宣伝会議  2014-11-06
売り上げランキング : 780

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

友だち追加

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えています。
もしよろしかった登録してみてください!

マーケティングオートメーションでおもてなし

3月は、年度末ということで私の会社の仕事も激混みで、ブログを書く時間も無いくらいでした。

0学で言うと、私は今年が経済で、来年は充実なので、来年までは忙しい時間を過ごすことになるかも知れません。

0学を活用することで、無駄な努力をする必要も無いし、逆境が来た時に慌てふためくこともなくなるので、もし興味がある方には、0学の活用法を教えて差し上げます。

まあ、0学は置いておいて、忙しくてゆっくり外にでることも出来ないので、最近の私は、アマゾンショッピングが数少ない楽しみなのですが、アマゾンを見ていたら、気になるフレーズが目に飛び込んできたので、早速購入してしました。

気になるフレーズとは?

マーケティングオートメーションでおもてなし

マーケッターのおさえておきたい一冊です。

2015年はマーケティングオートメーションの年。
これを知らなきゃITマーケティングは語れない!
この一冊でマーケティングオートメーションがわかります。
マーケッターだけでなく、IT企業の方も必読です。

とにかく、

2015年はマーケティングオートメーションの年。

という言葉が気になったので、Amazonで下記の本を購入しました。

マーケティングオートメーションでおもてなし

おもてなし中身

内容は上のような内容らしいです。

ダイレクトマーケティング関連の本らしいですが、どのようにITでオートメーション化するのか、気になるところです。

読み終わったら、内容をかいつまんで紹介したいと思います。

マーケティングオートメーションでおもてなし~ITがマーケティングにしてくれること
マーケティングオートメーションでおもてなし~ITがマーケティングにしてくれること 小川 共和

クロスメディア・マーケティング  2015-01-23
売り上げランキング : 23500

Amazonで詳しく見る by G-Tools

前にブログで紹介したレジリエンス(回復力)の講座が、札幌商工会議所で6月から開講されることが決まりました。

そこで扱うプログラムを作らなければなりません。

レジリエンスというのは、ポジティブ心理学と認知行動療法に基づいた、逆境に瀕した時に、どのように心が折れない(病気にならない)ようにするかというスキルトレーニングのことです。

認知行動療法についても、分かりやすい良い本があるので紹介しておきます。

マンガでわかりやすい うつ病の認知行動療法―こころの力を活用する7つのステップ
今谷 鉄柱 大野 裕

きずな出版  2015-03-16
売り上げランキング : 3902

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちょっとまとまりの無い内容になってしまいましたが、今日はこれくらいにしておきます。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

沈黙のWebマーケティング  Webマーケッターボーンの逆襲

私も楽しみにウェブサイトで読んでいた企画コンテンツ、沈黙のWebマーケティング が遂に書籍化されます。

Webマーケッター・ボーン

今予約販売中です。

残念ながらキャンペーンは終わってしまったみたいです。

この本を書いている松尾 茂起氏は、
SEOテンプレート「賢威( http://www.seo-keni.jp/ )」

の開発者であることも知られています。

もしあなたのサイトがGoogleから嫌われてしまい、
ペナルティを受けているとすれば、この本のとおりに実行すれば、
順位が戻ってくるかも知れません。

そして、ウェブマーケティングの本質的内容を知ることが出来ます。

しかもコミックなので、文章を読むのが嫌いな方でも、
面白く読み進めることが出来ます。



http://www.cpi.ad.jp/bourne/

----------------------------------------– 
Webマーケティングの実用入門書!
人気コンテンツに解説記事を加えて書籍化 
-----------------------------------------  

数多のWebサイトを救ってきた 伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、 Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ実用入門書。解説記事ではSEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、
Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法、
コンテンツマーケティングの極意など、
Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。

ストーリーを読み、解説記事を通じて理解を深めることで、
Webマーケティング施策の「基本と本質」を身につけることができます。

沈黙のWebマーケティング -Webマーケッター ボーンの逆襲- ディレクターズ・エディション
松尾 茂起 上野 高史

エムディエヌコーポレーション  2015-01-30
売り上げランキング : 14

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コンサルタントが、高いお金を払わないと教えてくれないことを、2千円ちょっとで教えてくれます。かなりコスパ高いです。

私は、こちらも購入しました。

プロとして恥ずかしくない 新・WEBデザインの大原則
大藤 幹 窪木博士 久保知己 小西春輝 小浜愛香 坂本邦夫 佐藤 裕 原 一宣。 原田学史 前川昌幸 三留裕介 こもりまさあき

エムディエヌコーポレーション  2014-12-24
売り上げランキング : 1243

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Kindleの方が安いのですが、会社のスタッフと共有するので、紙バージョンで購入しました。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

小さな会社の魅力と集客が10倍アップするホームページ

著者の菅谷信一氏は、以前から注目していた
インターネットコンサルタントです。

最近は、中小企業に向けて、
YouTubeでのマーケティングを推奨されています。

そんな彼が新しい本を出版しました。
私も早速購入して勉強します。

しかも、今はアマゾンキャンペーンもやっているので、かなりお得な特典がついています。

キャンペーンは明日の正午までみたいです。

注目の新刊ご紹介、
「小さな会社の魅力と集客が10倍アップするホームページのつくり方」

「YouTubeだけで顧客に30億円稼がせた
ネットコンサルタント」
として知られる菅谷信一さんが、
6冊目となる注目の新刊を出版。

「成功した50社のネット戦略の舞台裏を紹介し、
誠実にがんばる中小企業に続いてもらいたい」
そうです。

5ヶ月かけて執筆したこの本は、
「魂の一冊」とのことです。

YouTubeやブログなどの動線をたどってきた
アクセス者に問合せや注文をさせるためには
「戦略的ホームページ」が欠かせません。

17年間450件の企業プロデュースの現場から
得られたノウハウが詰め込まれた今回の新刊は、

■2014年後半からの全く新しいネット戦略の立て方
■20の具体的な成功実践ステップ
■50社のネット戦略成功企業の事例解説
(すべて実名公開・30業種)

で構成された濃厚な一冊です。

小さな会社の魅力と集客が10倍アップするホームページのつくり方
小さな会社の魅力と集客が10倍アップするホームページのつくり方 菅谷信一

ソシム  2014-07-16
売り上げランキング : 495

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この新刊出版を記念して、
7月17日正午から18日正午まで
特典満載のamazonキャンペーンを開催します。

特典は、なんと4万円相当の
菅谷信一さん講演DVD・2本セットです!

■amazonキャンペーンのご応募はこちらから。
https://www.facebook.com/events/716451321760014/

情報が氾濫している時代だからこそ
手に入れたい「ネット経営のバイブル」。
ぜひ多くの方に手にとって頂きたいと思います。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

第五の権力 ~Googleには見えている未来 ~

第四権力と言えば、報道を含むマスメディアのことを指していますが、ここで第五権力と呼ばれているのは、まぎれもなく検索をはじめとしたインターネットで圧倒的な力を見せつけるGoogleのことを指しています。

この第五権力と共存していかなければならない業種に身をおいている者として、第五権力の王として君臨するGoogleの会長、エリック・シュミットがどのようなことを考え、どのような世界に私たちを導こうとしているのか、非常に気になってこの本を購入しました。

第五の権力—Googleには見えている未来 第五の権力---Googleには見えている未来 エリック・シュミット ジャレッド・コーエン 櫻井 祐子

ダイヤモンド社  2014-02-21
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これから読むところなので、感想などはおいおい紹介していきたいと思いますが、コンピュータ社会、インターネットの社会の到来によって大きく変わってきている世界の様相を知ることができる書物として価値のあるものだと思います。

本の項目だけでも、非常に気になるものが紹介されています。

以下のような内容が紹介されています。

2025年「世界80億人がデジタルで繋がる世界」、私たちの暮らし、国家、革命、戦争はどうなるのか?
新しい権力を手にした市民が向かう先は?
彼が語る「未来」には、すでにGoogleが「創りはじめている未来」だと感じさせるものもあり、
他の予測本とは違う「リアリティ」がそこにある。

・デジタル技術で健康になるのか
・政府や宗教はどうなるのか
・報道の危機─メディアは生き残れるか
・データの削除は可能か、不可能か 他
・インターネットに国境が生まれる
・中国によるグーグルへのサイバー攻撃の裏側 他
・誰もがテロリストになれる時代
・サイバーテロリスト養成キャンプ
・プライバシーとセキュリティのせめぎ合い
・オンラインでの人心獲得作戦 他
・自動化される戦争
・パルスで意思疎通を行う兵士
・ロボットと無人航空機で様変わりする戦争 他

エリック・シュミットが優秀なのは、分かりますが、共著者になっている、ジャレッド・コーエン(Jared Cohen)のプロフィールを見てビックリしました。

まだ30代前半でこんな凄い奴がいるのかと…

GoogleのシンクタンクGoogle Ideas創設者兼ディレクター。1981年生まれ。史上最年少の24歳で米国国務省の政策企画部スタッフに採用され、2006年から2010年までコンドリーザ・ライス、ヒラリー・クリントン両国務長官の政策アドバイザーを務めていた。現在は米国外交問題評議会の非常勤シニア・フェローを務め、国家テロ対策センター所長諮問委員会のメンバーでもある。2013年には、雑誌TIME「世界で最も影響力がある100人」に選ばれた。

この先、しばらくはGoogleの構想通りに世界は進んでいく、もしくはその方向に従おうとする大きな力が働くことは間違いないので、これからの未来を知りたい方は読んでみて損は無いと思います。

もしかすると先回りして、新しいビジネスの種がそこにあるかも知れません。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

お客が集まるオンライン•コンテンツの作り方
ニッチ市場を制するためのブログとソーシャルメディアの使い方

届きました…

{4AFA64FA-8251-4A27-A07C-F0312AA34690:01}

本の表紙に、

世界一マーケティング競争が厳しいアメリカ市場で効果が実証されている「集客の科学」を徹底解説!

マーケティングには、優れたコンテンツを発信することだ!

と書いてあります。

こちらは実際にその通りなのだと思います。

今、Googleのハミングバードの時代を迎え、コンテンツのオリジナリティ、コンテンツの質をGoogleが判断する時代になってきました。

以前のようなワードサラダ(一見文法的に正しいように見えるが、単語をでたらめに並べたもので意味が通らない文章)などをプログラムで生成したコンテンツが検索の上位に上がってくることはまずありません。

さらには、テンプレートにそったような簡単な文章でもGoogleは評価しません。

そのコンテンツが、どれだけ有益で人の役に立っているか?

そこまでGoogleは判断していると言っても過言ではありませn。

ですから、この本の冒頭に書いてある、

コンテンツこそ王様

The content is King!

これを真剣に考えながらサイトを作っていく時代が到来したということを感じますね。

この本を参考に、お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方を研究したいと思います。

この本の副題には、ニッチ市場を制するためのブログソーシャルメディアの使い方と書いてあります。

このニッチ市場、ブログ、ソーシャルメディアあたりのキーワードがかなり重要だと思います。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

未来の会社 これからの「働く」を考える

昨日、ワイアード Vol.7を購入しました。

今、個人的には、これから働くという概念がどのように変化していくのか、
興味があったのもありますし、それ以外の記事も興味をそそるものばっかりだったからです。

photo:01


経済物理学?

photo:02


神経経済学?

photo:03


一見、関係の無さそうな2つの領域を組み合わせることで、新しい発想が生まれたり、
世界の見え方(パラダイム)が変わったりするのはとっても面白いです。

普段、非常にリアリティが強く、具象的なことをしているので、
抽象度の高い文章を読んでいると、自分の中に出来ている世界観が変わるので、
現実世界に対するアプローチも変わってくる…

そんな気がします。

機械によるオートメーション化と、アジアの安い労働力によって、
私たちのような先進国における「働く」という概念は大きく変わりつつあります。

「働く」ということを含めて、私たちのライフスタイルがどのような変わっていくのか?

そんなことを考えても解決方法は無いかも知れませんが、
気づいた時には、先が後になっている…

そんなことがないように勉強をし続けたいと、ふっと思いました。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

クチコミエンジンの作り方

photo:01


ダイレクト出版から新しい本が届きました。

本のタイトルは、クチコミエンジンの作り方。

ここ最近、既存のメディアを使ったマーケティングが機能不全に陥る中、

クチコミがとても注目を浴びています。

自分を騙すかもしれない知らない人がいうよりは、

自分が信頼がおける知人の言葉というのには、説得力があるものです。

多分、そこには利害関係が働かないからなのでしょうね。

レビューサイトの評判を見に行くのは、利害関係のない第三者が言っている言葉のほうが、

広告宣伝費をもらって、吹聴している人たちより、断然信頼がおけるからです。

そういう意味ではクチコミは最高のマーケティングツールかも知れません。

ですから、顧客にクチコミしてもらえうような信頼関係を築くことが一番大切なのでしょうね。

この本は、ザッポスの奇跡で有名なトニー・シェイも絶賛しているので、単純に

クチコミをこうやって起こすみたいな攻略法ではないと期待しております。

これから、じっくり読んでみます。

しかし、こういうアヴァンギャルドな仕様は、やっぱり中国ですね。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo