メールでのお問い合わせはこちら、お問い合わせフォーム

2016年2月のスタッフブログ

1

先日ウェブの仕事でお付き合いのあった方の本(自費出版)を、電子書籍として出版するお手伝いをしました。
電子書籍としては、AmazonのKindle用の本として作成しました。

作業内容としては...
 書籍の原稿データから、テキストデータを取り出し、別途作成した表紙画像と共にepub形式に変換。
 これをzipに書き換えて※解凍し、html他のファイルを編集して微調整を加えます。
 再びepubに戻し、Kindle Previewerで内容を確認。
 調整・確認を何度か行った後、AmazonのKindle ダイレクト・パブリッシングに登録。
といった流れになります。

denshisyiseki.jpg

epub形式はファイルとしてはzip形式で圧縮されたファイルです。
そのため、拡張子を変えれば、特にツール等を用意しなくても、普通に解凍できます。

個人での自費出版には多額の費用がかかるうえ、販売チャンネルも無く(書店・問屋は基本的に自費出版を扱ってくれません)実現は非常にハードルの高い物で、そのお付き合いのあった方も苦労されていましたが、電子書籍としての出版であれば、費用も掛からず販売チャンネルも一般の書籍と同じようにアマゾンで販売されるため、ぐっと身近なものになったのではないでしょうか。

電子書籍の作成では、上記作業内容のように、まだ一般の方には難解な部分はありますが、弊社ではその部分を代行する業務を今後展開していきたいと思っています。

なお、Kindle用の本というと、Kindleを買わないと読めないと思われる方もおられると思うのですが、スマホやPCでも読むことが出来ます。
つまり、アマゾンが使える人なら、だれでも読むことが出来るのです。
電子書籍化あるいは電子書籍のみでの出版にご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

1