ソーシャルメディア

インスタグラムの最新画像をリストで表示したい

お客さんから、インスタグラムの最新の画像を、自動でリストにしてホームページに表示してほしいという依頼がありました。

最近、朝の情報番組を見ていても、インスタ映えする写真を撮影したいとか、インスタグラムに写真をアップすることを前提にお店を選んでいるなんていう話題が結構出てきます。

私の場合は、最近仕事ばっかりしていて、なかなか外で遊ぶ機会が少ないので、インスタグラムはあんまりやっていないというか、Facebookをチェックするのも大変なんですが、世の中はやっぱりインスタグラムですね。

それで、インスタグラムの写真一覧を作る方法を調べたところ、インスタグラムのAPIを使う、もしくは、SnapWidgetというウェブのサービスを使うのがメジャーなようです。

ただ、インスタグラムのAPIは最近、審査が厳しくなっているそうで、通常はデベロッパー登録して、最初のSandboxモードで運用するケースが多いそうです。

Sandboxモードでの制限が、

  • 最新20件の自分の写真のデータ(URLやキャプションなど)が取得可能
  • APIの呼び出しは1時間に500回まで
  • 登録したユーザー(Sandbox Users)の最新20件の写真データの取得が可能

らしいです。

まあ、中小企業のホームページで、自分のアカウントの写真を紹介するだけなら、Sandboxモードで良いかも知れません。

インスタグラムAPIで画像の一覧を作る説明をするのは、ちょっと大変なので、SnapWidgetを使って、画像の一覧を作る方法を紹介します。

https://snapwidget.com/

まず、GET STERTED TODAYのボタンを押して、アカウントを生成します。

Facebookのアカウントがあると取りやすいです。

CREATE A NEW WIDGETボタンを押します。

あとはサムネイルのサイズなど項目を設定して、GET WIDGETを押せばそれで貼り付けるタグが生成されます。

スマートフォンなどの表示にも対応させたい場合は、ResponsiveをYesにすればそれでOKです。

非常に簡単ですね。

こんなに簡単にできるとは思っていませんでした。

せっかくなんで、今度は、インスタグラムのAPIにチャレンジしたいと思います。

石田宏実さん主催のLINE@セミナーに参加してきました。

昨日、プラット22(札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル1階)で開催された、石田宏実さん主催のLINE@セミナーに参加してきました。

今年の2月13日に、法人・個人問わず開放されたLINE@ですが、私も会社でLINE@に申し込んでいたのですが、どうやって使ったら良いか、よく分からず放置しておりました。

LINE@

※上記は、LINEの公式発表の内容です。

しかし、最近東京の起業家たちが、LINE@はスゴイと色めき立っているので、これは放っておけないとなんとか情報を収集しないといけないな~と思っておりました。

そうしたら、知人でもあり、東京の起業家たちとの親交も深い石田宏実さんがLINE@のセミナーをやるというので、私もそのイベントに参加してきました。

0529LINE@

実際のところ、企業が活用するのは、もうしばらく時間がかかるかも知れませんが、やっておいた方が良いかも知れません。

新しいメディアが登場する時というのは、リード(メディアへの登録者)を集めるコストは安くすみますが、時間が経てば経つほど、コストが高くなっていきますので、やるなら早いほうが良いと思います。

石田さんがセミナーの中で言っていたのは、スマホでのメルマガにあたるのが、このLINE@。

メルマガの到達度が、どんどんと下がっている今、必ず見てもらえるLINE@の価値は、信じられないほど高いということでした。

ということで私も早速LINE@を頑張ってみようかと思います。

ちなみに私の会社のLINE@はこちらです。
http://line.me/ti/p/%40jpn8272k

QRコードはこちらです。

LINE@QR
こちらのボタンからでも登録可能です。

友だち追加

こちらで、いろいろと情報を提供していこうかと考えています。

もしよろしかった登録してみてください!

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

2014年はYoutuber(ユーチューバー)が来る!

アメリカでは、YouTube動画の広告収入だけで生活するYoutuber(ユーチューバー)が増えているという話をよく耳にします。

そして先日、YouTubeの動画投稿者とテレビ広告を出す企業を結びつける広告代理店の売上が伸びているという話題がテレビのニュースで取り上げられていました。

この流れは、日本にも入ってきそうで、今後日本でもユーチューバーが登場するテレビCMが増えてきそうです。

私が、2014年初めてテレビを見てビックリしたのが、こちらのヒカキンが登場するスカルプDのCM。

多くの人は、これ誰やねん? って感じでしょうが、YouTube上では非常に人気の高いユーチューバーのヒカキンという人物なんです。

さすが、スカルプDのアンファー、最先端を行っている感じです。


今年は、多分YouTubeが来るので、私の会社もYouTubeを取り入れるように、企画を練ってみたいと考えています。

それでは、良いお正月休みをお過ごしください。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

ソーシャルメディア・マーケティングについて

セミナー用に構成を考えているので、それを備忘録的に載せておきます。

ソーシャルメディア・マーケティングについて、話をしたいと思います。

私も昔からインターネットのビジネスに関わって来ましたが、
感慨深いのは、2010年頃、ソフトバンクの孫正義社長が、
Twitterに関して、インターネットが登場した時と同様の興奮を覚える
と言ったことです。

Webの歴史を話し始めると、あまりにも長くなってしまうので、
割愛しますが、2000年頃のWeb1.0、2005年頃のWeb2.0。

そして、2010年にTwitterやfacebookというソーシャルメディアが、
勃興したことによって、ポストWeb2.0とかソーシャルメディア時代
とか言われるようになりました。

そんな中で、孫正義社長がなんであれほどに感動していたのか?

それは、インターネットのあり方が、情報発信のメディアから、
コミュニケーションのメディアに大きく変わったことにより
レベルアップを感じたからだと思います。

2010年に、facebookのトラフィックが、
Googleのトラフィックを超えたということは
象徴的な現象でした。

トラフィック

そして、2011年の3.11が起きて、Twitterやfacebookが
多く生命の危機にある人達を救うということも起こって、
私たちにはなくてはならないメディアに成長しました。

そして、このコミュニケーションメディアとしてのソーシャルメディアが
スマートフォンと結びついて、さらに力を増していくことになったわけです。

これまで、ソーシャルメディアにおいて流通されている情報、
俗に口コミ情報とかバズとか言われますが、この情報が大きくなってきて、
マスコミや広告企業も無視できなくなってきました。

広告業界において、口コミは、良い口コミと悪い口コミのどちらも
起きる可能性があり、コントロール出来ないために、敬遠されてきましたが、
いよいよ本腰を入れて取り組まなくてはいけなくなってきました。

そして、広告の世界ではアテンション(注目の喚起)が最も重要なものでしたが、
ソーシャルメディアでは逆にうざがられるため、アテンションに変わる新しい
指標、エンゲージメントが登場します。
エンゲージメントとは愛着とか思いやりのことを言います。共感を数値にしたものですね。
それによってソーシャル・エンゲージメントをどう獲得するか?
ということが重要な課題となってくるのです。

話はずれますが、選挙においても、これまでは
宣伝カーで、◯◯に清き一票をお願いします!
とワーワーやっていたのですが、これはみんなにとっては、
迷惑なアテンションです。

ネット選挙もはじまって、アテンション・マーケティングから、
エンゲージメント・マーケティングに変わっていくべきだと思います。

ネットによって、ダンバー定数(人間が仲良くなれる人数は、上限150人)
の制約から解き放たれたので、それを使えるようになった選挙戦においても
エンゲージメントを中心とした戦略に変わっていくべきです。

次回は、このソーシャル・エンゲージメントについて詳しく紹介しようと思います。

そして、その後は、ソーシャル・インフルエンスについて紹介し、
最後に、ソーシャル・インフルエンスを最大化させるための、
インターネット・ミームという概念について話をさせていただきます。

今日は、阪本啓一氏のフォーカスマーケティングのセミナーに参加して参ります!

「たった1人」を確実に振り向かせると、
100万人に届く。 (「市場の空席」を見つけるフォーカス・マーケティング)


阪本 啓一

日本実業出版社  2012-10-12
売り上げランキング : 18393
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

ソーシャルデザイン・エンジン

先日の北星学園大学の西脇先生が座長で行われた
社会起業塾とっても盛り上がりました。

社会起業塾2

ところで、電通でもソーシャルデザインエンジンということで
サイトが立ち上がっているんですね。

http://sodejin.jp/

http://sodejin.jp/

こちらのプロジェクトの内容がまとめられた、

書籍「希望をつくる仕事 ソーシャルデザイン」
http://sodejin.jp/news/2013/04/post_2.php

もKindleで購入しました。

ソーシャルデザイン

ソーシャルビジネスの最新事例がたくさん紹介されていて、
しかもステップバイステップで、ソーシャルビジネスを
立ち上げるノウハウも紹介されており、社会起業塾でも
使えそうな内容になっておりました。

ソーシャルプロジェクト

個人的には、井上雄彦氏の絵に惹かれて購入したのですが、
ヒットでした。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

西脇社会起業塾がはじまりました。

社会起業塾1

昨日から北星学園大学でマーケティングを専門にされている経済学部教授  西脇 隆二先生を座長にした、社会起業塾という勉強会がスタートしました。

北海道新聞に出たこともあり、キックオフ講演には50名近く集まってとても盛り上がりました。

社会起業塾2

基調講演は、道新デジタルメディアの齊藤 拓男氏が、ソーシャルビジネス、コミュニティビジネスをテーマに、お話をされました。

実際に、札幌ビズカフェや札幌オオドオリ大学にも深く関わっている方なので、実際のNPOなどの立ち上げについて非常に参考になる内容を聞くことができました。

起業塾3

起業塾4

この社会起業塾は12月まで毎月やっていきますが、
実際にビジネスを立ちあげられることを念頭にカリキュラムが組まれています。

私も、10月に講師として話題を提供いたします。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

facebookがGoogleに宣戦布告?新検索サービス「グラフサーチ」を発表

グラフサーチ

米フェイスブックが新検索サービス「グラフサーチ」を発表

http://www.cnn.co.jp/tech/35026926.html

こちらはCNNのニュースですが、

カリフォルニア州メンローパーク(CNN) 米交流サイト大手のフェイスブックは15日、友人などが投稿した内容を手軽に検索できる新機能「グラフサーチ」を発表…

グラフ検索では、フェイスブックに投稿された10億人のプロフィルや240億枚の写真などのコンテンツすべてが検索の対象となる。例えば「友達の友達のうち、スタンフォード大学を卒業してシカゴに住んでいる人」「近所に住むテニス愛好家」「1989年以降に撮影されたベルリンの写真」といった検索が可能で、友人が勧める医師やレストランなどの情報を探すこともできる。

まあ、Googleもアウサーランク(Author rank)を評価の対象にするというし、

何を言っているかよりも、誰が言っているかが気になる今の時代の要請に会っている気がします。

まだβ版ですし、日本語も使えないので、あまり大騒ぎすることもないのですが、今後そちらの方に流れていくのは間違い無さそうです。

でも、誰が何をしているのかを、ほぼ把握しているfacebookのサービスって恐ろしい感じもしますね。

個人情報ダダ漏れみたいで…

こちらから申し込みが可能です。

と言っても何も起きませんが。

多分、日本語が使えるようになったら通知が来るんじゃないでしょうか?

https://www.facebook.com/about/graphsearch

今日の私の体重65.7kg、なんとか64kgまで落としたい~

ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo