デジタル・トランスフォーメーション(DX)について

毎年のことなんですが、2月は結構忙しいんですよね。

節分が過ぎると、ようやく新年の運気に入ってくるのか、まわりも結構本気の仕事モードになっている気がします。

2月23日は、私がいつも刺激を受けている経営コンサルタントの神田昌典氏の講演会が札幌で行われるので、今から楽しみで仕方ありません。

神田昌典の『2022』全国縦断講演ツアー
https://www.2022.almacreations.jp/2019

こういう講演会に出ると、すごくパワーとか、アイデアとかをもらえるんですよね。

上記は、2022講演会のトップページのスクリーンキャプチャーですが、今年は新元号がスタートする年なので、なにか新しいことが起こっていく予感がしますね。

個人的には、昨年は業務に忙殺されていて、あまり考える余裕の無い1年でしたが、今年は意識的に時間を作って、将来のことや、会社の方向性のことを考えていきたいと思っています。

そんな中で、私も肌身で感じているのが、今年あたりから、日本も本格的なデジタル・トランスフォーメーション(なんでもDXとかいうらしい)が加速していくのではないでしょうか?

ですから、私の会社はホームページを作ったり、プログラムを作ったりして、デジタル関連の業界にいるわけですが、いつのまにかやっていることが時代遅れになってしまう、そんな危惧もあるわけです。

それだけ、大きく根源的に変わりつつあるんじゃないかと…

rawpixel / Pixabay

デジタル・トランスフォーメーションの概念にも出てくるのですが、デジタル・ディスラプション(デジタル化が引き起こす産業的崩壊)がどんどんと起きてくる。

例えば、ライドシェア(相乗り)の世界最大手ウーバー(Uber)などが普及してきたりしたら、タクシー業界は崩壊してしまうかも知れないわけです。

それぐらい、デジタル・トランスフォーメーションは既存の産業を破壊してしまうかも威力を持っているのです。

日本でも、GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)に対して、なにか規制をしようという動きもあります。

そうしないと、古い産業が、短期間のうちに立ち行かなくなってしまうかも知れないからです。

それくらいデジタル・ディスラプションは恐ろしいです。

しかしながら、ただ怯えていても仕方ないので、もう一度初心に返ってゼロからはじめる気持ちでいます。

このデジタル・トランスフォーメーション時代に新たなビジネスチャンスを探ろうと思います。

多分、神田昌典先生の話を聞くと、燃えてきて、何かにチャレンジしたくなると思うので今からワクワクしています。

 

人気ブログランキングはこちら↓

サブスク革命はじまる

最近は、サブスクリプション(定額課金)、略してサブスクのサービスが増えてきましたね。

なんでも、スマホ革命が起きて、もう駄目かなと思っていたMicrosoftが、OfficeをOffice365というサブスクに変えたおかげで息を吹き返し、最近、Appleの時価総額を超えて、16年ぶりに世界一を奪還したそうです。

あのGAFA(Google/Apple/Facebook/Amazon)の4騎士を抑え込んでの時価総額世界一です。本当にサブスク恐るべしですね。

私もアップルミュージックや、iCloudには入っていますし、会社ではアドビのCreative Cloudに入っていてその恩恵を受けております。

最近では、Netflixにも入っているので、周りがどんどんとサブスクに固められている感じです。

ホームページ制作という仕事も、ホームページを作るの自体は、かなりの時間と、労働力を費やすので、そこでそんなに儲けられるわけではなく、それよりは月額のサーバー代とか、メンテンナス費用で成り立っている業種なわけです。

そういう意味では、メンテナンスや、更新費用をいただけるというのが、この仕事の良いところではあります。

しかしながら、全ての商品、商売は、コモディティ化して、商品の価値が下がってくるので、なにか次の一手を考えないとけないな~と思う次第です。

最近、聞いたところによれば、うちの会社の近くで同じようなホームページ制作をしていた会社が、いつのまにか、クラウドサービス(SaaS)を提供する企業に業態転換をして、かなり売上を伸ばしているみたいです。

その話を聞きながら、「う~~ん、そうだよな~~」とか考えることが多いです。今、うちの会社では受託の開発をしながら、歯科医院向けの予約システムを開発しています。

予約システム自体は目新しいわけでもありませんが、最近、歯科医院のネットワークと関係を持つことができましたので、そこに展開していければと考えております。

ただ、話題のサブスクも良いことばかりじゃなく、それが軌道に乗るまでは、会員数が増えても収益が減ったり、かかるコストが増大したりと乗り越えないといけないいくつもの壁が立ちはだかることもあるようです。

 

サブスクリプションの魚を乗り越えて、その先まで持っていかないといけないのです。

私のクライアントからもサブスク導入の話をいただきましたが、コストどうするんですか?
という話になっています。

なんでもかんでもサブスクにすればよいわけでもないのですね。

そういえば、訪問看護の組織とも関係があるので、訪問看護向けのスマホと、システムを連動できる、画期的なアプリが出来たら、もしかしたら使ってもらえるかもしれません。

本当に真剣に考えないといけないな~~

目の前の仕事だけじゃなくて、きちんと将来性を見越して会社の方針を打ち出していかないといけませんね。

そういえば、会社のサーバーにマーケティング・オートメーション・ツール、Mauticを入れてみました。

数日前から、データを取得し始めています。データを見ていると結構面白いです。これから更に勉強して、使いこなしていきたいと考えています。

みなさんも自分たちのサービスになにか、サブスクを取り入れられないか考えてみると良いと思います。

 

久しぶりに人気ブログランニングのタグ貼り付けます。

ローグ・ワンを観ました。切なくて泣きました。

金曜ロードショーでローグ・ワンを観ました。

映画館では観なかったのですが、ネット上で評判が良いことは知っていたので、地上波で公開するというので楽しみにしておりました。

録画セットして、時間がある時に見ようかなとも思ったのですが、最初見はじめたら、ノンストップで最後まで見てしまいました。

エピソード4の10分前までの物語ということでどのように繋がっていくのか気になっておりましたが、まあ見事な展開でしたね。

Twitterでローグ・ワンをテレビで見ている人のコメントを見たら、ネタバレ的な切ないことを書いている人もいて、結論はなんとなく分かっていたのですが、それでも感動しました。

個人的には、K-2SOというリプログラミングされた元帝国軍のドロイドが出てくるのですが、こいつの発言が笑えて、物語の中でもいい味を出しているのですが、最後の方は…

まさか、こいつに泣かされるとは思いませんでした。

あとは、チアルートというフォースに憧れる拳法使いも良かったです。

こいつにもぐっと来ました。

ローグ・ワン、こんなに面白いとは思いませんでした。

思わずブログに書いてしまいました。

来週は、ラ・ラ・ランドか…日本テレビも頑張ってますね。

新しい営業スタイル

THE MODEL(MarkeZine BOOKS)マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

という本を購入しました。

最近、結構話題になっていて、私も関心があるマーケティング・オートメーション(MA)についての本です。

この本を書いているのは、MAのツールとしては、マルケト日本法人代表の福田 康隆という方が書かれています。

マーケティング・オートメーションというのは、その言葉のごとく、マーケティングを自動化しようとするもので、ネット上のプログラムを通じて、展開されるものです。

顧客化までのプロセスは、

1.見込み客を獲得する「リードジェネレーション 」
2.見込み客を育成する「リードナーチャリング」
3.見込み客を選定する「リードクオリフィケーション」
4.見込み客を顧客へと繋げる「営業・成約」

というステップを経て、お客様になっていくのですが、各ステップにおいて、現在の状況をスコアリングしながら絶妙なタイミングで絶妙なアプローチをしていくことで無駄とストレスのないビジネスが可能になります。

マーケティング・オートメーションによって、マーケティングコストの削減が期待されます。
また無人の状態でマーケティングが行われていきますので、人手不足の解消も期待されます。

ただし、ただ単にツールを回しているだけでは駄目で、インサイドセールスというものを組み合わせることで、より大きな成果を得られるようになるのです。

インサイドセールスとは、見込み客(リード)に対して、メールや電話・Web会議ツールなどを活用しながら非対面で営業活動を行う新しい営業活動のことを指します。

もともと国土が広く、顧客に対面で営業活動をすることが難しいアメリカで普及してきている営業手法で、アメリカではすでに実際に会って営業をするフィールドセールスよりも、インサイドセールスの割合の方が高くなっているそうです。

相手のところに訪問せずに契約・クロージングまで行う企業がどんどんと増えてきているのです。

私は、最近マーケティング・オートメーションに関する書籍を最近読み漁っているのですが、日本でも今後、マーケティング・オートメーションやインサイドセールスを導入する企業が増えるのでは無いかと思います。

その場合、大手などはマルケトなどの本格的なMAツールを導入すれば良いでしょうが、私の会社のクライアントなど中小企業向けのノウハウを構築できないかと考えております。

最近、ある起業家のネットの説明会に参加したのですが、これはZOOMというアメリカ発のウェブ会議システムを使って行っていて、まさにインサイドセールスの先進事例だと思います。

「何もしなければ、リードの79%は最終的に購買まで至らない」

ある企業の発しているメッセージですが、思わずうなずいている自分がいて、適切なアプローチが必要だな~と思います。

マーケティング・オートメーションで使われる用語に、カスタマージャーニー(顧客の旅)というものがありますが、どのようにして、自社の商品を知り、どこに惹かれて、商品を購入してくれたのか、そこをしっかりと考えて、マーケティング導線の設計をしないといけないな~と思います。

私の会社でもこれから、新しい営業スタイルを創出していきたいと思います。

2019最初の投稿

あっという間に1月も真ん中くらいになりました。

geralt / Pixabay

本当に時間が過ぎるのは早いですね。

今年は、何をしようかと考えておりますが、私が関心があるのは、マーケティング・オートメーション、MAというものです。

オープンソースのMAツール、Mauticを使ってみたいな~と考えております。

https://jp.mautic.org/

には以下のように書かれています。

Mautic は、世界初のオープンソース・マーケティング・オートメーション・ソフトウェア(Eメール、ソーシャルなど)です。
自分のサーバーにダウンロードしインストールするか、無料のホスティングアカウントを作成できます。
シンプルな3ステップのセットアッププロセスで、5分とかからずマーケティングを管理する準備が整います。

5分というのはオーバーでしょうが、無料で入手ができるのは非常にありがたいことです。

これによって、

  • リードジェネレーション(見込み客を集める)
  • リードナーチャリング(見込み客を育てる)
  • リードクオリフィケーション(見込み客を選別する)

ができるようになるそうです。

最近のホームページは、単なる宣伝告知媒体としてではなく、そこで顧客の創造、またサポートまで行う企業のマーケティングエンジンとしての機能が求められるようになっているということですね。

ネットの世界は、すごいスピードで変化しているので、ちょっと勉強を怠っていると、浦島太郎の状態になってしまいます。

デザインのトレンドなんかも、どんどんと変わってきているのを肌身で感じます。

自分が行う業務をアウトソーシングしてでも勉強する時間を持たないとダメだな~とつくづく感じています。

ということで、本年もよろしくお願いいたします!

Merry X’mas & Happy New Year

メリークリスマス!!

今年もいろいろありましたが、本当にありがとうございました

来年もよろしくお願いします!

株式会社ディーエーオー社員一同

〒063-0061
札幌市西区西町北20丁目5-6-203
TEL 011-668-6551 FAX 011-668-8825
https://www.dao.jp/
mailto:kirari@kirari.jp

今月末に事務所を引っ越しします。最寄りの駅は変わりません。

Free-Photos / Pixabay

あっという間に1ヶ月ほど経ちましたが、

相変わらず忙しく仕事をしております。

 

もう少しじっくり考えながら仕事をしたいのですが、目の前の仕事をこなすのがせいいっぱいな感じです。

 

11月は、インターシップが会社に来ることになっていますが、猫の手もかりたいこの時期に、人手が増えるのはとてもありがたいです。

 

最初に仕事を覚えてもらうまでは、こちらも大変ですけどね。

 

それと、今月末に事務所を引っ越しします。

 

早く引っ越しのご案内を出さないといけないので、ハガキの制作と、送り先のリストアップもやらないといけないですね。

 

うちの事務所もかなり狭かったのですが、少し広くなります。

 

引っ越しの移動距離は、数百メートルで、電話番号や最寄りの駅とかは変わりません。

 

念のため、こちらに住所を記載しておきますが、

株式会社ディーエーオー

〒063-0061

北海道札幌市西区西町北20丁目5-6 アイビル3 203号

になります。

 

これからiタウンページや、Googleビジネスの住所なども変更しないといけませんね。

いろいろとやることがあって大変です。

Suaoki PS5B(ポータブル電源)を購入しました。

かなり久しぶりの投稿になります。

この間に、胆振東部地震があり、病気になった猫ちゃんが虹の橋を渡ったり(T_T)、自宅が一部損壊してリフォームを決断したりといろんなことがありました。

おかげさまで仕事は忙しくやっておりますが、年内で弊社が使っているVPSのPLESKが古いバージョンのサポートを終了するため、新しいバージョンにマイグレーションを行ったり、本当に時間がいくらあっても足りません。

電力不足に悩まされた北海道も、ようやく苫東厚真発電所が完全復旧して、計画停電などの恐れが無くなったので一安心ですが、かなり不安だったので、小さい家庭用の発電機を買おうかとか考えて、最終的には、ポータブル電源(バッテリー)を購入することにしました。

Suaoki PS5Bという商品ですが、120,000mAhも充電できて、AC、DC、USBの電源が取れ、車のバッテリーやソーラーパネルともつなげるスグレモノです。

思わず、50Wのソーラーパネルも購入してしまいました。

Suaoki PS5Bについては下記の方がレビューしているのでよろしかったら見てください。

ただ、電源を購入しても、停電とかが無いと全く使う機会が無いんですね。

使う機会が無いということは、良いことなんですが、なんだか勿体無い…

それでYouTubeを見ていたら、このポータブル電源を使って車中泊をしている人たちがかなりの数でいることが分かりました。

車中泊YouTuberというのもいるんですね。

ただ、最近は、道の駅なんかは車中泊禁止になっているところも増えてきているらしいのですが。

自分も時間ができたら上記のような感じで、車中泊にチャレンジしてみたいな~と考えているこの頃です。

今乗っているワンボックスカーも車中泊ができるようにフラットにできるマットなんかを揃えたいな~とか考えています。

来年の5月は、10連休らしいので、埼玉にいる息子に会いに車に乗って、フェリーで本州上陸しようかな~~

アスピリアン・セラピューティクスに楽天が出資

先日読売新聞に、楽天ががん治療の最先端とされる「近赤外光線免疫療法」のアスピリアン・セラピューティクス社に出資して、医療分野に参入するという内容が全面で紹介されていました。

楽天の三木谷社長が、出資するというのだから、かなり将来性があるのだろうなと思い、調べてみたらこれは本当に凄そうです。

https://toyokeizai.net/articles/-/199776

がんの治療法が根本から変わるかも知れませんね。

日本でもこれから治験がはじまるそうです。

三木谷社長のお父さんが、膵臓がんになって、全世界の治療法を調べている時に、楽天のショップオーナーさんから紹介されたのだそうです。

三木谷社長のお父さんの治療には間に合わなかったそうですが、これでお父さんの時の無念をはらせるんじゃないかと思ったそうです。

私の父も、同じ時期に、膵臓がんで亡くなっているので、三木谷社長のこの事業については、ぜひ成功してほしいな~と思います。

この「近赤外光線免疫療法」では、通常の抗がん剤と違い、がん細胞のみをやっつけてくれて、通常の細胞にはダメージが無いそうです。

これが本当なら、画期的ですね。

これからも「近赤外光線免疫療法」とアスピリアン・セラピューティクス社には注目していこうと考えております。

とりあえず今日はこれくらいにしておきます。

それでは!

日本のものづくりはダメなのか?

コンテンツマーケティングが叫ばれる中、かなり長文を書かないとGoogleが評価してくれないというので、忙しいのもあって、なかなかブログを書くことが出来ませんでしたが、5月下旬の更新で、長文を書かなくてもGoogleが評価してくれるように評価方法が変わったなんていう記事をどこかで目にしたので、ちょっとプレッシャーから開放されて、また記事を書いてみようかと思った次第です。

世の中は、ワールドカップで盛り上がっておりましたが、最近はサッカーよりもF1のトロロッソ・ホンダに熱をあげておりました。

 

スポーツ専用の動画サービスDAZNとも契約して、F1を見ておりましたが、ワールドカップもなかなか日本が勝ちきれないように、トロロッソ・ホンダも勝つことができません。

F1がある週末は、金曜日からそわそわするんですが、だいたい日曜日にはガッカリしていることが多いです。

いろんな分野(白物家電、携帯・スマホなど)で、日本のものづくりの限界が叫ばれて久しいですが、日本のものづくりは世界一にはなれないんでしょうかね?

サッカーなんかもそうですが、どこもレッドオーシャンで、競争が熾烈で、世界で勝ち抜くのは、なかなか難しいです。

ちょっと寂しい気がしますが、来年は、ホンダはレッドブルともサプライヤー契約を結び、レッドブル・ホンダが誕生日ますので、あまり期待しすぎずに応援していこうかなと思います。

最近は、ちょっと忙しすぎて、ドーパミンを出しすぎたせいか、エネルギーが失われている感じですが、少し静養して復活したいと思います。

これから、また少しづつブログも頻度を高くして書いていきたいと思います。

あんまり大した内容は書けませんが、こまめに書いていくつもりですので、よろしくお願いします。