マーケティング

サブスク革命はじまる

最近は、サブスクリプション(定額課金)、略してサブスクのサービスが増えてきましたね。

なんでも、スマホ革命が起きて、もう駄目かなと思っていたMicrosoftが、OfficeをOffice365というサブスクに変えたおかげで息を吹き返し、最近、Appleの時価総額を超えて、16年ぶりに世界一を奪還したそうです。

あのGAFA(Google/Apple/Facebook/Amazon)の4騎士を抑え込んでの時価総額世界一です。本当にサブスク恐るべしですね。

私もアップルミュージックや、iCloudには入っていますし、会社ではアドビのCreative Cloudに入っていてその恩恵を受けております。

最近では、Netflixにも入っているので、周りがどんどんとサブスクに固められている感じです。

ホームページ制作という仕事も、ホームページを作るの自体は、かなりの時間と、労働力を費やすので、そこでそんなに儲けられるわけではなく、それよりは月額のサーバー代とか、メンテンナス費用で成り立っている業種なわけです。

そういう意味では、メンテナンスや、更新費用をいただけるというのが、この仕事の良いところではあります。

しかしながら、全ての商品、商売は、コモディティ化して、商品の価値が下がってくるので、なにか次の一手を考えないとけないな~と思う次第です。

最近、聞いたところによれば、うちの会社の近くで同じようなホームページ制作をしていた会社が、いつのまにか、クラウドサービス(SaaS)を提供する企業に業態転換をして、かなり売上を伸ばしているみたいです。

その話を聞きながら、「う~~ん、そうだよな~~」とか考えることが多いです。今、うちの会社では受託の開発をしながら、歯科医院向けの予約システムを開発しています。

予約システム自体は目新しいわけでもありませんが、最近、歯科医院のネットワークと関係を持つことができましたので、そこに展開していければと考えております。

ただ、話題のサブスクも良いことばかりじゃなく、それが軌道に乗るまでは、会員数が増えても収益が減ったり、かかるコストが増大したりと乗り越えないといけないいくつもの壁が立ちはだかることもあるようです。

 

サブスクリプションの魚を乗り越えて、その先まで持っていかないといけないのです。

私のクライアントからもサブスク導入の話をいただきましたが、コストどうするんですか?
という話になっています。

なんでもかんでもサブスクにすればよいわけでもないのですね。

そういえば、訪問看護の組織とも関係があるので、訪問看護向けのスマホと、システムを連動できる、画期的なアプリが出来たら、もしかしたら使ってもらえるかもしれません。

本当に真剣に考えないといけないな~~

目の前の仕事だけじゃなくて、きちんと将来性を見越して会社の方針を打ち出していかないといけませんね。

そういえば、会社のサーバーにマーケティング・オートメーション・ツール、Mauticを入れてみました。

数日前から、データを取得し始めています。データを見ていると結構面白いです。これから更に勉強して、使いこなしていきたいと考えています。

みなさんも自分たちのサービスになにか、サブスクを取り入れられないか考えてみると良いと思います。

 

久しぶりに人気ブログランニングのタグ貼り付けます。

新しい営業スタイル

THE MODEL(MarkeZine BOOKS)マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

という本を購入しました。

最近、結構話題になっていて、私も関心があるマーケティング・オートメーション(MA)についての本です。

この本を書いているのは、MAのツールとしては、マルケト日本法人代表の福田 康隆という方が書かれています。

マーケティング・オートメーションというのは、その言葉のごとく、マーケティングを自動化しようとするもので、ネット上のプログラムを通じて、展開されるものです。

顧客化までのプロセスは、

1.見込み客を獲得する「リードジェネレーション 」
2.見込み客を育成する「リードナーチャリング」
3.見込み客を選定する「リードクオリフィケーション」
4.見込み客を顧客へと繋げる「営業・成約」

というステップを経て、お客様になっていくのですが、各ステップにおいて、現在の状況をスコアリングしながら絶妙なタイミングで絶妙なアプローチをしていくことで無駄とストレスのないビジネスが可能になります。

マーケティング・オートメーションによって、マーケティングコストの削減が期待されます。
また無人の状態でマーケティングが行われていきますので、人手不足の解消も期待されます。

ただし、ただ単にツールを回しているだけでは駄目で、インサイドセールスというものを組み合わせることで、より大きな成果を得られるようになるのです。

インサイドセールスとは、見込み客(リード)に対して、メールや電話・Web会議ツールなどを活用しながら非対面で営業活動を行う新しい営業活動のことを指します。

もともと国土が広く、顧客に対面で営業活動をすることが難しいアメリカで普及してきている営業手法で、アメリカではすでに実際に会って営業をするフィールドセールスよりも、インサイドセールスの割合の方が高くなっているそうです。

相手のところに訪問せずに契約・クロージングまで行う企業がどんどんと増えてきているのです。

私は、最近マーケティング・オートメーションに関する書籍を最近読み漁っているのですが、日本でも今後、マーケティング・オートメーションやインサイドセールスを導入する企業が増えるのでは無いかと思います。

その場合、大手などはマルケトなどの本格的なMAツールを導入すれば良いでしょうが、私の会社のクライアントなど中小企業向けのノウハウを構築できないかと考えております。

最近、ある起業家のネットの説明会に参加したのですが、これはZOOMというアメリカ発のウェブ会議システムを使って行っていて、まさにインサイドセールスの先進事例だと思います。

「何もしなければ、リードの79%は最終的に購買まで至らない」

ある企業の発しているメッセージですが、思わずうなずいている自分がいて、適切なアプローチが必要だな~と思います。

マーケティング・オートメーションで使われる用語に、カスタマージャーニー(顧客の旅)というものがありますが、どのようにして、自社の商品を知り、どこに惹かれて、商品を購入してくれたのか、そこをしっかりと考えて、マーケティング導線の設計をしないといけないな~と思います。

私の会社でもこれから、新しい営業スタイルを創出していきたいと思います。

2019最初の投稿

あっという間に1月も真ん中くらいになりました。

geralt / Pixabay

本当に時間が過ぎるのは早いですね。

今年は、何をしようかと考えておりますが、私が関心があるのは、マーケティング・オートメーション、MAというものです。

オープンソースのMAツール、Mauticを使ってみたいな~と考えております。

https://jp.mautic.org/

には以下のように書かれています。

Mautic は、世界初のオープンソース・マーケティング・オートメーション・ソフトウェア(Eメール、ソーシャルなど)です。
自分のサーバーにダウンロードしインストールするか、無料のホスティングアカウントを作成できます。
シンプルな3ステップのセットアッププロセスで、5分とかからずマーケティングを管理する準備が整います。

5分というのはオーバーでしょうが、無料で入手ができるのは非常にありがたいことです。

これによって、

  • リードジェネレーション(見込み客を集める)
  • リードナーチャリング(見込み客を育てる)
  • リードクオリフィケーション(見込み客を選別する)

ができるようになるそうです。

最近のホームページは、単なる宣伝告知媒体としてではなく、そこで顧客の創造、またサポートまで行う企業のマーケティングエンジンとしての機能が求められるようになっているということですね。

ネットの世界は、すごいスピードで変化しているので、ちょっと勉強を怠っていると、浦島太郎の状態になってしまいます。

デザインのトレンドなんかも、どんどんと変わってきているのを肌身で感じます。

自分が行う業務をアウトソーシングしてでも勉強する時間を持たないとダメだな~とつくづく感じています。

ということで、本年もよろしくお願いいたします!

マーケティング4.0って何ですか?

いよいよ12月になって今年も一ヶ月たらずですね…

今年の流行語大賞は、「だめよ~、だめだめ」だそうです。
身の回りで使っている人を観たことがありませんが…(^ ^;)
もうひとつ選ばれた集団的自衛権という言葉にはなんか意図を感じますが。

ところで、ITmediaのマーケター通信に次のような記事が書かれていました。

marketing

コトラー教授が「マーケティング4.0」を発信しました!自己実現マーケティングの時代。
http://blog.marketing.itmedia.co.jp/taku1978/entry/687.html

マーケティングの神様、コトラー教授から新しい発信がありました。

それは・・・「マーケティング4.0」です。
マーケティング4.0とは「自己実現(self actualization)」だそうです。

コトラー教授がマーケティングの歴史の中で
マーケティング1.0・・・製品中心志向
マーケティング2.0・・・顧客の機能的満足
マーケティング3.0・・・顧客の価値や精神的満足
マーケティング4.0・・・顧客が享受する商品サービスを利用した結果重視・実現された姿
と提唱しています。

ということらしいです。私もコトラー先生は尊敬しておりますが、なんか言っていることがピンときませんが、マーケティング3.0が精神的な満足だとすると、さらに人間性の本質にくいこんで、その人の自尊心を高めてくれる商品ということなんでしょうか?

元々、ブランドというのものは、そのブランドを身につけることによって、自尊感情を刺激するものであったので、ブランドの力がその人のあり方までを変えていくということなんでしょうか?

う~ん、何かよく分かりません。

ですが、客を満足させるだけではなく、顧客の自己実現を助けるというところまで行かなければならないのかも知れません。

まあ、マーケッターは売れれば良いという考え方から、クライアントの価値を高めるところまで行かなければならないということなんでしょうね。きっと…

そういう意味では顧客志向の最終形かも知れませんね。

もう少し、マーケティング4.0について調べてみようと思います。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

まんがと図解でわかる統計学を購入しました。

最近、ビッグデータがどうしたとかこうしたとか、

流行っていますよね。

ビッグデータというのは、『インターネットの普及や、コンピューターの処理速度の向上などに伴い生成される、大容量のデジタルデータ』のことを指しているのですが、ガートナーの定義によると以下のことらしいです。

ビジネスインテリジェンスは、高密度データに要約統計を使用し、物事の計測や傾向を捉える。
ビッグデータは、低密度データに誘導統計を使用し、巨大なボリュームにより(回帰性等の)法則を推論し、予測可能性を生み出す。

統計学は高校・大学で学んだ気がするんですが、ほとんど忘れてしまっています。

しかし、思い込みによる誤解って判断を歪めますからね。
それを正すためにも統計学は役にたつと思います。

ですが、如何せん難しい学術書を読む気にもならないので、
コンビニで見つけた下記の本を購入しました。

まんが統計学

まんがと図解でわかる統計学 (宝島SUGOI文庫)
向後 千春

宝島社  2014-03-06
売り上げランキング : 28059

Amazonで詳しく見る by G-Tools

最近流行りの、まんがと図と解説文章を合わせた文庫本なんですが、これなら勉強できそうです。

『統計学を武器に屋台の売上増を目指す』という、身近なテーマがとっつきやすくていいですよね。

早速第一章が、
記述統計と推測統計の違いについての説明ですが、

・データを収集して要約するのが記述統計
・サンプルから結論を推測するのが、推測統計

ということだそうです。

つまり…

ビジネスインテリジェンスとは、記述統計、
ビッグデータとは、推測統計

のことなのかなと自分なりに解釈しています。

それとビッグデータは、データのみで、データに統計的解釈を加えたものをビッグインテリジェンスという言い方もあるみたいです。

第二章は、全体の傾向を正しく把握するです。

まんがも入っているので、なんとか最後まで読破しようと思います。(^_^;)

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

ニュースレター作成代行サービス始めます。

4月17日、18日と東京で開催された
ニュースレター・広報誌プロフェッショナルデザイナー養成講座
に参加してきました。

そして、主催されている株式会社ザッツの支援を受けて、
私の会社でもニュースレター作成代行サービスを開始します。

ニュースレター作成代行

通常、デザイン会社や広告会社に依頼すると、デザイン費4~8万円+印刷費1万円程度が相場ですが、文章作成における取材を省くなど、作業を省力化することで、ご購入いただきやすい価格でニュースレターを発行することが出来ます。

ニュースレター価格

今まで私たちは、新規顧客の獲得にばかりエネルギーを使ってきましたが、これからは既存顧客にどれだけリピートしていただくか?ということが非常に重要な戦略になってきます。

新規顧客の獲得コストは、既存顧客の維持コストに比べて、5倍以上かかるそうです。

さらには、新規顧客の獲得コストは10年前の10倍とも言われています。

ですから、既存顧客を大切にする戦略を打つためのニュースレターをぜひ発行していきましょう!

そのための非常にコストパフォーマンスの高いサービスを株式会社ザッツとの提携で提供させていただくことになりました!

まずは、ニュースレターに関心をお持ちの方は気軽にご相談下さい。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

ニュースレターの作成サービスについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

世界一即戦力な男に希望を感じました。

ウェブのSaSSという新しい技術のことを調べていたら、

なぜか、このサイトにぶつかりました。

http://www.sokusenryoku.me/

この菊池良くん、もともと引きこもりなんですが、

大学卒業を機に、就職活動をはじめ、

そのために、自分のウェブサイトを立ち上げるところから、

怒涛の快進撃が始まります。

なんとFacebookで2万回以上もシェアされています。
Twitterでも6千回近くツイートされています。

そして、見事就職を勝ち取ったのです。

即戦略シェア

菊池良くんのプロフィールはこちら

世界一即戦略

引きこもりの星ですね。

うちの息子も引きこもり状態なので、とても希望が持てました。

インターネットがあれば、こんな大逆転が可能なんだぞって…

さらには、

http://liginc.co.jp/lp/sokusenryoku/

フジテレビ+でドラマ化までされました! パチパチ

ウェブでも全編見れるのので、時間を見つけて私も視聴しようと思います。

インターネットがあれば、ちょっとの勇気とアイデアで人生を変えることが出来る!

そんな風に感じます。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

スマートフォンファーストの時代

あるマーケティングについての記事を見ていて、
非常に納得したのが、下記の記事の内容です。

スマホは“訓練された店員”になる–進化するマーケティングイノベーション

2年ほど前に、元ヤフーのチーフ・デザイン・アーキテクチャであるルーク・ウロブルスキー氏が、“モバイル・ファースト”というキーワードを提案した。これは主にデザイン面での話だが、PCサイトのデザインを縮小する形でモバイルに対応させるのではなく、最初にモバイル、つまりはスマートフォンに最適化した画面構成を考えるべきだという考え方だ。

http://japan.cnet.com/marketers/sp_digitalmarketing/35045448/

先日もあるお客様のところに営業で行ったら、
スマートフォンの対応について、細かく聞かれました。

実際のところ、最近グーグルアナリティクスなどでアクセスしているデバイスの種類を調べると、パソコンが50%を切り、スマートフォンやタブレットが50%を越えてきています。

これからは、パソコンサイトのためにデザインするのではなく、最初にスマートフォンのために、デザインをするというスマートフォン。ファーストの時代が先に来るかもしれません。

ユーザーの方が先に行ってしまって、作り手(クリエイティブ)が遅れてしまってはいけませんね。

非常に考えさせられた記事でした。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

話題のスキル、グロース・ハックって何?

最近、グロース・ハックという言葉を知りました。

グロースというのは、成長のこと。

ハックというのは、コンピュータシステムや通信システムの動作を解析したりプログラムを改造・改良したりすること。

つまり、グロース・ハックというのは、

ICTビジネスにおける、成長を助ける、プログラムの解析と改善ということでしょうか?

もしくは、ハッキングというのは、それこそプログラミングにおける裏ワザとか裏をかくというイメージがあるので、成長を促す裏ワザプログラミングという感じかも知れません。

ちょっと上記の言葉だと誤解を招くかも知れませんので、

グロースハッカーの見習いだというカジさんよれば、下記のことらしいです。

5分で120%分かる!話題のスキル、グロースハックとは ?オバマが選挙に苦戦した真の理由?
http://growthhack.vasily.jp/2013/07/growthhack-in-5-minutes/

Facebook、Twitter、Dropbox、Airbnb・・・

今では誰もが知るところとなったこれらのサービス。
彼らの成功要因は何でしょうか?

それぞれに固有の要因があるでしょうが、どのサービスにも共通している秘訣が一つあります。

それは、どのサービスもGrowth Hack(グロースハック)を自在に使いこなし
驚異的な成長率を達成したということ

一言でいえば、
数値やユーザーの声を分析し、ユーザーの数や質をGrowthさせる仕組みをプロダクトの中に組み込んでしまうこと。」

このブログ記事にも書かれていましたが、先の大統領選では、ロムニー氏の陣営に居たAaron Ginn(アーロン・ジン)という人物が、ネット献金のシステムにプログレスバーをつけただけで献金額が何倍にもなったそうです。

それが、オバマ氏を苦戦させたというのです。

プログレスバーというのは下みたいなものです。

プログレスバー

人間という生き物は、途中だと思うと、終わりまで行きたくなる習性があります。

コンプリートしたくなるわけですね。

ある意味ではゲーミフィケーションの一種かも知れません。

このようにして、データを解析して、その問題を解決するための仕組みを組み込むことで、一気に成長(グロース)を加速させることが出来るというのです。

グロース・ハックというキーワードは、バイラル・ループという概念にもちょっと似ている気がしますが、プログラミングやシステム開発に特化した世界で語られる言葉なのかも知れません。

次回もグロースハックについて、もう少し調べて、話をしたいと思います。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

これからのSEOはソーシャルシグナルが重要

Googleの検索結果の決定方法が、最近どんどんとソーシャルメディアよりに動いてきています。

これまでの評価基準といえば、コンテンツのキーワード出現頻度とキーワードによる被リンクのリンク数並びに、被リンクサイトのオーソリティ(ページランク)だったわけですがが、

最近では、それにソーシャルシグナルというものまで見るようになってきています。

SEO

SEOまとめブログを見ると次のように表現されておりますが、

 ソーシャル・シグナルとは、検索エンジンがそのサイト・サービスが如何にユーザーに共有され、関心を集めているかを判断するための指標のことです。

Twitterやソーシャルブックマーク、PDF化された書籍・雑誌記事(検索エンジンはPDFファイルの内容も解釈することができます)など、WEB上で提供されている認知度の高い媒体で紹介されることで高まってくと考えられます。

結局のところ、実際にそのサイトがいろんな人から見られているかという

トラフィック(アクセス)の流入量が図られているということになります。

実際にアクセス数があるかということが非常に重要な要因になってきているということですね。

被リンクも、被リンクサイトにリンクが貼られている被リンクサイトの存在、またさらにその向こうの被リンクサイトの存在と、二重にも三重にもリンクの正当性のチェックが行われているようですし、SEOの自作自演はなかなか難しい時代になってきたという感じですね。

とりあえず、昔有効だった、中小検索エンジン(野良検索エンジン)への無差別登録は、絶対に止めたほうが良いです。

二度と浮上できなくなってしまいますよ・・・

ということで、みんなに利用してもらええるコンテンツの提供というコンテンツマーケティングの発想がより重要になっていることを感じた次第です。

ですから、みんなが検索してでも探したくなるような、有益な情報の提供というのを心がけてみましょう。

それでは、今日はこれくらいで・・・

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら