ビジネス

神田昌典の2022全国縦断講演ツアーに参加しました

■目次

1.神田昌典の2022全国縦断講演ツアーに参加しました。
2.地震が起きた時に問われるリーダーシップ
3.大阪万博まで6年間
4.副業に人が流れて会社がなくなる
5.隠れたキーマンを探せ!
6.コマーシャル・インサイト
7.インサイト・ファインダー

1.神田昌典の2022全国縦断講演ツアーに参加しました。

本日、2月23日札幌ビューホテルで開催された神田昌典の2022全国縦断講演ツアー@北海道に参加してきました。

テーマは、
『2022講演』北海道
「2019年、飛躍するための成功の鍵」

毎年、2月頃に札幌で開催される神田昌典先生の2022講演に参加するのを自分へのご褒美のように考えているので、今年も、どんな話が聞けるのか、楽しみしておりました。

今年は、3年連続で参加したので、記念品を受け取ることができました。

ラッキー!

神田昌典先生のサインと、著書の草稿(多分コピー)をいただきました。

今回の講演では前回の講演会で聞いた話と全く違う新しい内容を聞くことができました。

2.地震が起きた時に問われるリーダーシップ

先日も北海道でちょっと大きな地震が起きましたが、それについて神田先生は、「地震の時に、真のリーダーシップが問われる。
リーダーが成長できるチャンスである」という風なことを語られました。

誤解を招くとまずいのですが、個人的には、何事も捉え方でピンチにもチャンスにもできるのかな?と思いました。

私も小さな会社の経営者ですが、地域社会を牽引できるような存在になりたいなと思います。

3.大阪万博まで6年間

2025年に大阪万博が開催されますが、それまでに人口減、日本全体の高齢化が社会問題化する。
それを克服するために、神田先生が中小企業に提案するのは、企業キャラクターを作ってくださいということでした。

1998年に、神田先生は経営者に恥ずかしがらずに顔出ししましょう!ということを強く語られました。
私も神田先生に従って、内気なのにホームページにバーンと顔出しをして、マーケティングを行いました。
当時は、それがインパクトがあり、効果もあったのですが、最近は逆ブランディングになってしまっている気がしていました。
※それでちょっと前にトップページから自分の写真を削除しました。

神田先生も講演の中でそのことを語られ、当時の経営者は、40代でしたが、今では60代となり、昔の写真を出していたり、かなり劣化が進んでしまったりしていて、前のような効果が無いということを指摘されました。

その上で、その代わりに企業キャラクターがこれから必須になると語られました。
企業キャラクターを作ることは、そんなにお金がかかるわけではなく10%~15%売上が伸びるそうです。

私も前に作ったキャラクター、キラリさるを、前面に押し出そうと考えています。(^^)

4.副業に人が流れて会社がなくなる

働き方改革が叫ばれる昨今、2019年4月から時間外労働の上限規制が実施されるそうです。

残業ダメ! 有給休暇取りなさい! が半強制的に行われるという話です。

神田先生が冗談交じりに話をされていましたが、社員は早く仕事を終えて、時間を持て余していますが、経営者は、社員が残した仕事を、深夜もしくは徹夜して仕事を完了しているのだということです。

この話を聞きながら自分も他人事じゃないな~と苦笑いしています。
私もここ1年位は、夜帰ってきてからも仕事をして、ゆっくりテレビを見ている時間など無いからです。

そして優秀な人間は、副業をはじめて、そちらの方にやりがいを感じるようになるのだそうです。

そして神田先生は、2023年に会社はなくなるという、予言めいたことを語られました。

このまま、この働き方改革と、デジタルトランスフォーメーションが進んでいけば、
日本の大企業の半数が無くなってしまうかもしれないという話でした。

最近、凝っているF1の話をすると、今年は調子良さそうですが、昨年までのHONDAは今ひとつだったんですよね。
これって、働き方改革が関連しているような気がしてなりません。

講演で先生が語られていましたが、いつしかゆとり教育のような、大きな揺り返しが来るのかも知れません。

5.隠れたキーマンを探せ!

現代は、企業対企業(B to B)での営業活動が非常に難しくなっているらしいです。

私も最近、それを感じています。

下記は、書いたメモを見ながら思い出しつつ書いているので、実際に神田先生が語られたことと少し違っているかも知れませんが、下記のような内容で語られていました。

・コンテンツの大量生産は、悪影響だということが分かってきたそうです。
・クライアントというのは、満足できなかったときに、懲罰を与えるような行動を取るのだそうです。
・専門家であることをアピールして、情報を提供しても今は通用しないそうです。

今、購入の意思決定をするのに関わる人数が平均で5.4人。

この5.4人の合意が得られないと購入に至らないのだそうです。

この5.4人をどのように攻略すればよいかということを説明されましたが、結構時間がかかるので割愛します。

それよりももっと効果的な営業方法がコマーシャル・インサイトを構築することなのだそうです。

6.コマーシャル・インサイト

隠れたキーマンを探せ!の本の中で語られているコマーシャル・インサイトを見出すことで、上記の問題は解決されると言っていましたが、コマーシャル・インサイトって何? と思われる方も多いと思います。

顧客に自社以外の選択肢を忘れさせるほど購買プロセスに決定的影響力ある視点

のことだそうです。

この言葉だけだとちょっと分かりづらかったのですが、講演では、ゼロックスや、食用油ろ過機メーカーの実例を紹介しながらコマーシャル・インサイトの話をしていたので、なんとなく腹に落ちました。

ゼロックスでは、学校の生徒の集中力が落ちていることに注目して、配布する資料をカラーにすると集中力が回復するというコマーシャル・インサイトを提案したところ、かなり売上が伸びたということです。

7.インサイト・ファインダー

神田先生が、コマーシャル・インサイトを見つけるためのツールを開発したそうで、その名前がインサイト・ファインダーだそうです。

下記のブログを見たら、インサイト・ファインダーについても紹介されていたので、私も講演のスライドをスマホで撮ったので、確認してやってみようと思います。

興味がある方は、こちらの方のブログも参考にしてみてください!

https://lineblog.me/o3norinori/archives/1590640.html

とりあえず、こんな感じでした。

今年の取るべき目標も紹介されました。参考になさってください。

それでは!

人気ブログランキングはこちら↓

デジタル・トランスフォーメーション(DX)について

毎年のことなんですが、2月は結構忙しいんですよね。

節分が過ぎると、ようやく新年の運気に入ってくるのか、まわりも結構本気の仕事モードになっている気がします。

2月23日は、私がいつも刺激を受けている経営コンサルタントの神田昌典氏の講演会が札幌で行われるので、今から楽しみで仕方ありません。

神田昌典の『2022』全国縦断講演ツアー
https://www.2022.almacreations.jp/2019

こういう講演会に出ると、すごくパワーとか、アイデアとかをもらえるんですよね。

上記は、2022講演会のトップページのスクリーンキャプチャーですが、今年は新元号がスタートする年なので、なにか新しいことが起こっていく予感がしますね。

個人的には、昨年は業務に忙殺されていて、あまり考える余裕の無い1年でしたが、今年は意識的に時間を作って、将来のことや、会社の方向性のことを考えていきたいと思っています。

そんな中で、私も肌身で感じているのが、今年あたりから、日本も本格的なデジタル・トランスフォーメーション(なんでもDXとかいうらしい)が加速していくのではないでしょうか?

ですから、私の会社はホームページを作ったり、プログラムを作ったりして、デジタル関連の業界にいるわけですが、いつのまにかやっていることが時代遅れになってしまう、そんな危惧もあるわけです。

それだけ、大きく根源的に変わりつつあるんじゃないかと…

rawpixel / Pixabay

デジタル・トランスフォーメーションの概念にも出てくるのですが、デジタル・ディスラプション(デジタル化が引き起こす産業的崩壊)がどんどんと起きてくる。

例えば、ライドシェア(相乗り)の世界最大手ウーバー(Uber)などが普及してきたりしたら、タクシー業界は崩壊してしまうかも知れないわけです。

それぐらい、デジタル・トランスフォーメーションは既存の産業を破壊してしまうかも威力を持っているのです。

日本でも、GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)に対して、なにか規制をしようという動きもあります。

そうしないと、古い産業が、短期間のうちに立ち行かなくなってしまうかも知れないからです。

それくらいデジタル・ディスラプションは恐ろしいです。

しかしながら、ただ怯えていても仕方ないので、もう一度初心に返ってゼロからはじめる気持ちでいます。

このデジタル・トランスフォーメーション時代に新たなビジネスチャンスを探ろうと思います。

多分、神田昌典先生の話を聞くと、燃えてきて、何かにチャレンジしたくなると思うので今からワクワクしています。

 

人気ブログランキングはこちら↓

個人情報保護法が改正されるそうです。

先日、ベネッセが、2000万件以上の個人情報を漏洩して、日本中を震撼させましたのは、まだみなさん記憶に新しいと思います。

プライバシー

あるニュース番組を見て、コメンテーターの方が、個人情報保護の取り組みを各企業行っているのですが、個人情報保護法が施行されてから10年が経ち、気のゆるみがあったのではないかと語っていました。

私もそこの部分は、とても共感しました。

私も、個人情報保護法が施行された直後は、これはビジネスチャンスだ~ということで資格なんかも取ったりしたのですが、結局日本ではあまりビジネス的には盛り上がりませんでした。

個人情報保護は利益を生み出すわけではなく、コストばかりがかかるため、企業側があまり積極に取り組まないのです。

大手企業は、コンプライアンスだ、なんだと縛りがきつくなっていますが中小企業はほとんど、そのレベルに達していません。

そして事件が起こると、ビビるのですが、しばらくすると「喉元すぎれば熱さ忘れる」で元の木阿弥に戻ってしまうのです。

しかしながら、ニュースを見ていて、とても気になったのですが、何やら個人情報保護関連の新しい法律ができるらしいです。

それで検索をしたら、日経コンピュータの記事が出てきました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140722/571224/

[個人情報保護法改正1]プライバシー保護のための機関が誕生、日本の制度を国際水準に

個人情報保護法が改正されることで、企業を中心にビッグデータを活用した新事業や新サービスの開拓に乗り出せるという期待が高まっている。法改正の目玉となるのが、政府の行政組織から独立したプライバシー保護のための第三者機関の誕生。プライバシーを保護しながら、パーソナルデータの活用を推進する役割を担う。

とのことですが、政府は、個人に関わるデータでありながら、特定の個人を識別できないようにして、その権利や利益を侵害しないデータ(個人データ)を活用した新事業の創出を目指すらしいです。

その後を読んでいると、特定の個人を識別できないようにして、その権利や利益を侵害しないデータ(個人データ)を活用した新事業というのが、膨大なデータから個人情報の属性を削除した、ビッグデータのことを言っているらしいです。

ビッグデータが売買されるとなれば、そのデータを元に商品開発などに活用するためのビッグデータ・コンサルティングみたいな事業は生まれてくるかもしれませんね。

しかしながら、個人のプライバシー情報などの取り扱いは、法改正によって、新しい第三者機関の設立など、さらに厳しくなることは間違いないので、心しておいたほうが良いかもしれません。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

マイクロ起業って何?

ニートからロリポップを立ち上げ、

GMOに売却して10億円以上の資産を作ったけど、

使い果たしちゃったという家入さんの本です。

photo:01

やっぱ彼は先端を行ってますね。

私もマイクロ起業とか、お金という概念から自由になることとか、

とっても興味があります。

私も3Dプリンターを買おうかどうか、真剣に悩んでいます。

先日、知人と話をしていて、5年後会社をどうしたいの?

とか言われて、答えに窮しましたが、これまでのゴーイング・コンサーン型の

組織を大きくしていくのはちょっと違うかな~と感じています。

家入さんの本を読んで、少し考えてみたいと考えております。

お金が教えてくれること  ~マイクロ起業で自由に生きる~

家入 一真

大和書房  2013-02-16
売り上げランキング : 438
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

人を知ってもらう…

ウェブページ

東京で打ち合わせを終えて、このメールを書いております。

東京のクライアントと話をしていて、次のようなやり取りがありました。

『ホームページからの受注がない』

と言われてしまい、私もぐっと構えてしまったのですが、

その後、話しを聞いていくと

『知人がブログで紹介してくれていて、そこからホームページに飛んできて受注した。』

ということを語っておられました。

『それってホームページからの受注じゃないのかな?』

と思うのですが、先方はそうは思っていないようです。

クライアントが考えているホームページの効果とは、

全く見ず知らずの方が、ホームページを検索してホームページから申し込んでくる

ことのようです。

確かにそれを期待したくなるのは分かりますが、

今の時代、インターネットは情報を検索する場から、

人とつながる場に変わりつつあります。

そして、購買するためには、必ず他の人の評判を見てから購入するようになっています。

ですから、自分の仕事を評価してくれた人が、ブログやソーシャルメディアで紹介してくれて、それを見た人が、ホームページに来てお問い合わせを入れる。

これが最近のインターネットでの購買行動なのだと思います。

ですから、仕事をきっちりとこなして、それを評価してもらう。

そしてそれをインターネットで情報拡散してもらい、

そこからお客様になっていくというのが、これからの流れなのではないかと

思います。

そうやって考えていくとブログで仕事ぶりを紹介してくれるような、

ロイヤリティの高いお客様をいかに獲得していくか?

というのが企業のマーケティングのような気がしてきます。

ブログ人気ランキング参加中。今日も応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo