SEO

最近のSEOで重要視される検索意図について

目次

1. 検索意図 考え方
2. 検索意図 種類
3. 検索意図 調べ方

1. 検索意図 考え方

Googleが2018年8月に行ったコアアルゴリズムのアップデートで、コンテンツと検索キーワードとの関連性が検索順位に大きく影響するようになりました。

つまり、Googleは検索キーワードとの関連性が高いWebページを上位表示させるようにアルゴリズムを変更したということです。

そして、SEOの世界で強く意識され始めている言葉が、検索意図(インテント)と言われるものです。

この検索意図とは、もっと詳しく言うと、

検索ユーザーがどんな情報を求めて(意図を持って)検索しているのか?
検索キーワードの裏にある、検索ユーザーの気持ち。

ということになります。

ですから、Googleは検索ユーザーの側に立って、検索ユーザーがこの検索において、
どのような目的を持って、どのような情報を探しているのかと判断して、それに合った情報を掲載しているホームページを上位に持ってくるということになります。

ですから、私のサイトもそうですが、ブログなどで、あがってきてほしいキーワードと関係のない記事を書きまくっていると順位が下げられるということになります。

SEOセミナー講師・鈴木将司公式ブログによれば、

  1. 検索キーワードと自社のサイトのコンテンツが一致しているか確認する
  2. 検索キーワードと関連性の低いいコンテンツがサイト内にある場合はそのページまたは内容を早急に削除する
  3. 2によってコンテンツが減ってしまった場合は、検索キーワードと関連性の高いコンテンツを増やす
  4. ページの内容が検索キーワードとマッチしない場合はページの内容を完全に書き換える
  5. SEOの対象ページから検索キーワードと関連性の高いページにできるだけサイト内リンクを張る

という対処方法を取るべきだそうです。

私もこれからマメにブログをチェックして関連性の低い記事は削除していこうと考えています。

2. 検索意図 種類

さらに深く検索意図というものについて見ていきましょう。これを理解することで、Googleのインテント(目的)を理解し、自分たちのサイト制作の構成などに役立てることができます。

そこで重要なのが、検索意図の分類です。
検索クエリはユーザーの検索意図によって下記のような3種類に分類されるそうです。

1. インフォメーショナルクエリ…情報収集をするための検索
2. トランザクショナルクエリ…購入や申し込みのための検索
3. ナビゲーショナルクエリ…特定のWebサイトを見るための検索

上記のクエリの中から、自分のサイトは、どの検索クエリに対応しているかを判別して、それにそったコンテンツをしっかりと盛り込んでいく必要があります。

実際に、Googleで、オーガニック検索の結果を見ていくと、上記のインフォメーショナルクエリ、トランザクショナルクエリ、ナビゲーショナルクエリがバランスよく盛り込まれています。

そのために、これまでは購入や申し込みのための検索クエリが大半を占めていたキーワードでも、比較サイト、レビューサイト、商用サイト、採用サイト、ローカル検索などが上にあがってきて、自分のサイトが下に下がっていたりする場合があります。

※ナビゲーショナルクエリはアクセス先が明確に想定されているクエリでSEOの対象からは外されることが多い。Amazon、楽天 etc.

3. 検索意図 調べ方

それでは、検索意図を調べるための方法を紹介しましょう。

検索意図を調べるには、虎穴にいらずんば虎子を得ずではないですが、Googleの検索を攻略したいのですが、Googleの検索結果を見るのが一番良いものと思われます。

そして、上位に表示されているサイトのタイトル、説明文を見ていくと傾向が良く分かります。さらにGoogleは、キーワードのジャンルによって、どのようなサイトを上に上げるか評価の仕方が違っているので、キーワードごとに見ていくのが良さそうです。

そして、少し詳しく見れる方であれば、検索結果の上位の各ページタイトルと、hタグ、検索サジェストも見ていくと、検索意図が分かってくるので、その目的に合致したコンテンツを作ることができるかと思います。

そのページをGoogleが読んで良しとしてくれれば検索上位にあがってきてくれるのでは
ないでしょうか?

まあ、そううまく行かないのも、Googl先生のつねですが…

 

ブログ人気ランキング

最近のウェブ制作について

最近、うちの会社の検索順位が下がってきておりまして、
以前は、札幌 ホームページ制作という検索キーワードでトップの方でしたが、
最近は、2ページ目の下の方をうろうろしております。

ここまでくると「抜本的なホームページの改革をしなければいけないな~」
と思いながら、日々の業務に追われていることもあり、
なかなか会社のホームページに手をつけられないでおります。

最近、重要になってきているとされる要素

最近、検索順位を決めるのに重要とされている要素が、
記事の文字量、一説には3,000文字とか、4,000文字とか、はてには10,000文字
という方もおられます。

ダラダラ書くだけであればいくらでも書けるのですがそれでは駄目だとされています。

もう一つの重要な要素は、コンテンツの質です。

Googleには、ハミングバードとか、Rank Brainと呼ばれる人工知能が組み込まれていて、
それが人間並みに文章を読んでおり、その文章のクオリティが高いか低いかを判断していると言われています。

そして、クオリティの高いもの、優れていると思われるものを検索の上位に持ってくると言われているのです。

私も人工知能(機械学習)のことは、本で読んでいるくらいなので勝手な推測ですが、
Googleは中身の無い文章か、オリジナリティのあるユーザーにとって有益な文章かを判断しています。

最近、私の会社に来た広告メールで、
「偏差値60以上の大学生のアルバイトがあなたの会社のことを
調べて、クオリティの高い文章を書きます。」
なんていうのがありました。

家庭教師並みに高いバイト代をもらえるのでしょうか?

しかし、それだけGoogleは文章を理解していて検索エンジンに反映させているということを
表すエピソードだと思いました。

きちんと練られたgoogleが納得してくれる読み応えのある文章を書かないといけません。

表示スピードについて

また最近、業界で話題になっているのが、ホームページの表示速度です。

たとえば、Googleのサーチコンソールという開発者用のツールでは、
表示速度についての項目が増やされました。

つまり、今後ページの表示速度を検索結果に反映していくということを
Googleがアピールしているということです。

たとえば、下記のようなツールで自分のホームページの表示速度を測ることができます。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

弊社のホームページを測ってみましたが、まだまだ改善の余地がありました。

弊社のスタッフに手伝ってもらって、画像の圧縮などを試みたいと考えています。

そして、上記のPageSpeed Insightsでサーバー側でデータを圧縮しているかと
いうことも指摘を受けました。

そこで、弊社サーバーはPleskという管理ツールでサーバーを管理しているのですが、

https://www.pletk.com/apacheconf.html

を参考にデータ圧縮の機能をオンにしたところ、随分表示スピードの改善に成功いたしました。

まあ、やることはたくさんあるのですが、少しずつ手を入れていきたいと考えています。

WordPressの表示速度

これは少し気になっているのですが、WordPressは、通常のhtmlと違い、
PHP(言語)とMySQL(データベース)を使って動的なページを書き出しているため、
それぞれのオーバーヘッドがあってスピードが遅くなる傾向にあります。

これらを改善しようとしたら、PHPのバージョンを7.1に上げるとか、
サーバーのディスクをSSDにするとかいろんなことをやっていかないと
いけない気がします、

WordPressでホームページを制作する時にどのように表示速度を改善できるか
もっと考えていきたいと考えています。

それでも結局重要なのは…

いろいろと技術的な改善点など考えておりましたが、なんだかんだ言ってもいちばん重要なのは、
コンテンツの質なんだろうと思います。

みんなに役に立つコンテンツを作れて、それをみんなが読んで参考になるよとシェアしてくれれば、
Googleに頼らなくてもみんなに見てもらえるし、そのようなサイトをGoogleは評価せざるをえないからです。

ちょっと堂々巡りのような内容になってしまいましたが、最近考えたりやっていたことの断片を紹介しました。

それでは!

 

 

人気ブログランキングに参加中なのでぽちっとお願いします!

グーグルがPCサイトを見なくなる?

最近話題のGoogle MFIなんてものがあります。
MFIとは「モバイルファーストインデックス」の略です。
最近政治の世界は**ファーストが(良くも悪くも)話題ですが、webの世界でも話題なのです。
これはモバイル向けの内容を優先して検索順位を決めるというGoogleの方針を表しています。
言葉通りの簡単な話ですね。

もうすぐ導入されるそうですが、これが導入されるとどうなるでしょう。

PC向けページもモバイル向けの内容で順位を決定するそうですから、
上位のサイトを「クリック」したら、いきなり巨大なピンボケ画像が出てきて目が悪くなりそう
なんて事が起きるかもしれません。

もしBingがPC向けページはPC向けの内容で順位を決定という方針を策定して公表すれば、
意外とGoogle一強時代が変わるかもしれませんね。

また、タブレットで検索してもOSはモバイルと同じですから、色んな統計では
画面サイズがPC並みなのに「モバイル」と思われているかもしれません。
(アクセス解析では画面サイズも大抵取得できるので、「ちゃんと」処理していれば
タブレットとスマホを混同する事はありません)

Google MFIがアメリカファーストのように「行き過ぎた」ものとして批判を受けるか、
都民ファーストのように歓迎され「先進的」として評価されるか。
それは数年のうちに答えが出るでしょう。

現状、ホームページ制作者の間ではMFIに対する認識が分かれています。
たとえば、モバイル向けのサイトが「無い」場合、ある識者は「対応が必要」と言い、
別の識者は「対応不要」としています。

これは対象の「PC向けのサイト」が、
最初の識者は「モバイルに不親切」だから専用モバイルサイトを作るべき
と言っていて、
次の識者は「PCモバイル同一コンテンツ」だから「両対応と同じ」という判断
という話です。

元をたどれは
「PCモバイルそれぞれに最適化したサイトを作るべき」
「レスポンシブデザインを活用し、単一サイトで両対応すべき」
という哲学の違いなので、実際の検索結果を見るまではどちらが有利というものではありません。
ただ、作り手から言えば、前者の考え方ですと究極的には「タブレット用サイト」も
作る必要が生じますし、スマホも機種によって画面サイズが違うので、後者の考え方を
支持したい気がします。

何しろ更新時に2つとか3つの「同一内容サイト」を編集するというのは非効率ですから。

ですので、これからホームページを作る方は、まだ気にしなくてよいと思います。

とりあえず、モバイル向けのトップ画像も高解像度にしておいたほうが見栄えは良いかもしれません。
あまり高解像度だと「WiFiでないと表示が遅い」となって直帰率が上がってしまうというジレンマがありますが…

 
人気ブログランキングに参加中なのでぽちっとお願いします!

情報爆発の時代にどう生き残るか…

先日、神田昌典先生の講演会2022に参加してきましたが、私たちは情報爆発の時代にいるということを改めて考えさせられました。

2020年のデジタルデータ量は40ゼタバイトに拡大と推定されています。

ゼタとは、10の21乗、漢数字では十垓だそうです。

どれくらいのデータ量なのか、もう判断することができません。

地球の砂の数が、2.5ゼタから、10ゼタと言われているので、その数をはるかに超えた量になっています。

そこから、自分のホームページを見つけてもらうのは、本当に大変なことだと感じます。

SEOで表示すれば、自分のホームページを見つけてもらえるというのも、

googleが賢くなりすぎて、自作自演はほぼ通用しなくなってきたので、

リスティング広告やSNSを使って、口コミが広がるように演出していかないといけないことを感じます。

YouTubeなどを見ても、いかにアテンション(注目)を集めるかがとても重要で、他の人がやっていないことをやらないと、

ほぼ拡散してません。

そして、売り込みが強すぎると、ゴリ押しと言われて、逆マーケティングになってしまいます。

ですから情報爆発の中で、高感度の高い情報を口コミが起きるように発信していくというすごく難しい状況にあるのではないかと思います。

私も、過去の成功体験から、SEOで検索上位を狙うということに固執してしまうのですが、それではうまくいかず、逆に命取りになってしまうということを感じ始めています。

そんな中でどのようにビジネスを展開していくか、本当に悩みどころです。

神田昌典先生は、ランディングページと、ブログとFacebook広告だと言っていましたが、うちの会社もそこで集客することをドメインにしなければならないかと思います。

明日から新年度なので、新しい展開を考えてみようと思います。

ペンギン4.0が発動しました。

Googleの検索エンジンアルゴリズムの大規模な更新、ペンギンアップデート4.0が日本時間の9月23日に行われたと発表がありました。

 

 

 

9月15日頃から、検索順位がかなり不安定になり、私の会社で管理しているホームページの順位も上がったり、下がったりがありましたが、24日になって順位がある程度安定化してきて、その直後にGoogleからペンギンアップデート4.0を実行したとの報告がありましたので、ついに行われたか…という感じでした。

 

実際に、うちの会社のホームページも検索順位を下げられたので、ペンギンアップデート4.0の影響が出ています。

 

しかし、これまでのペンギンアップデートが、手動での更新であったのに対して、今回の導入は、自動更新でリアルタイムに反映されるそうなので、ペナルティを受けた場合は、問題を解決すれば、順位はリアルタイムで戻ってくるため、対策が打ちやすいという感じがいたします。

 

【最速まとめ】ペンギンアップデート4.0のすべて/影響と対策を知る

https://seopack.jp/seoblog/20160926-pen4-matome/

 

ここでも紹介されていますが、今回の変更点は大きく2つだそうです。

 

主要な変更点1:「リアルタイム更新」になった(=自動更新)
主要な変更点2:順位への影響範囲がよりきめ細かくなった

 

ペンギンアップデートの本質は、低品質なバックリンクに対するペナルティなのですが、Googleによれば、「低品質リンクがあっても、サイト全体を突然圏外とか、そういう極端なことはもうしません」ということだそうです。

 

また、「ペンギンは200シグナルのうちのたった一要素」になるという話らしいです。

 

うちの会社でもバックリンクは、かなり細かく管理しておりますので、これからじっくり、調整していこうかと考えております。

 

Googleが神の世界で生きているので、Google様の考え方に合わせていくしかありませんね…(T_T)

 

 

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

 

 

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こ ちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら
友だち追加

 

LINE@で、いろいろと情報を提供していこうかと考えていま す。
もしよろしかった登録してみてください!

スマホ未対応サイトは目に見える影響が出る

Google、スマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム変更を発表、4月21日から適用という記事が出ていました。

SEO

http://www.seohacks.net/blog/algorithm/mobile_taiou_seo/

グーグルアナリティクスなどでユーザーの環境を見ていると、最近は、PC半分、スマホ半分、あるいは、スマホで見ている人の数がPCで見ている人の数を超えていたりするので、ネットでのマーケティングではスマートフォン対策が必須になってくると思います。

Googleもウェブマスター向け公式ブログ
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

でもモバイルフレンドリーじゃないと検索結果に影響があると語っています。

そして、自分のサイトがモバイルフレンドリーであるか?どうかのチェックツールも用意されています。

これを機会に、真剣にモバイル対応、スマホ対応を考えてみられてはいかがでしょうか?

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

ペンギンアップデート3.0が実施されたそうです。

おはようございます。

新しい週の始まりですね。

我が家では、娘がハムスターを飼いたいということで、近くのホーマックで購入してきました。

ゴールデン・ハムスターという種類のものらしいですが、ハムちゃんという名前がつけられました。(そのままやん!とツッコミが入れられそうですが、私が付けたわけではないので…)

ゴールデンハムスター

この写真は、イメージ写真です。ハムちゃんではありません。
でも色とか容姿とかこんな感じです。

今度、滑車を回っているところをVINEあたりで撮ってアップしたいと思います。

ところで…

ペンギンアップデート3.0が実施されたそうです。こちらは動物ではなく、検索アルゴリズムの更新のコードネームです。

【速報】Google、ペンギンアップデート3.0を実施開始か (10/19)
http://ascii.jp/elem/000/000/944/944825/

米Google が2014年10月18日(米国時間)、検索アルゴリズムの更新「ペンギンアップデート3.0」を実施した模様だ。現在、一部のウェブサイトで比較的大きな検索順位の変動が確認されており、米国のウェブマスターが集うフォーラムでも話題になっている。

今回の3.0ではペンギンアルゴリズムに関係するプログラムコードの多くを書き換えており、従来の単なる更新以上のものとなるほか、多くのウェブマスターにとって「うれしいもの」になるはずだと説明されている。

私の会社が関わっているサイトは、今のところ、あまり順位の変動は無さそうです。

とりあえず、胸をなでおろしております。

それと、これまでSEOの重要な指標とされてきたGoogleのページランクですが、こちらはもうすぐ更新されなくなりそうな感じですね。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

Googleの新しいアレゴリズム、ハミングバードについて

ちょっと古い情報ですが、先月の26日にGoogleのアルゴリズムに更新があったというアナウンスが、Googleから入ってきました。

新しいアルゴリズムの名称は、Hummingbird(ハミングバード)という名前です。

グーグルによると、「正確であり、早い」ということを意味しているようです。

ハミングバード

各方面からの影響といえば、それほど無いと言われていますが、時間の経過に伴い少しづつ影響してきている感じがします。

ペンギンアップデートもパンダアップデートのアルゴリズムも組み込まれているようですし、会話型検索の強化という、スマートフォン時代に対応した検索エンジンのアップデートと考えたほうが良いそうです。

SEO JAPANでも次のように説明されています。
http://www.seojapan.com/blog/humming-bird

アルゴリズムを根本的にアップデートした更新ということで、特別SEOに影響があるわけではなさそうな雰囲気です。会話型検索の強化というのは、通常のウェブ検索に慣れしたんだ私たちの大半にとっては、意味あるのか?という気がしなくもないですが、スマホやグーグルグラス等でGoogleがよりパーソナルアシスタント的に機能していく過程では重要になってくるテクノロジーでしょうし、それを先取りした実装なのかもしれません。

ということですが、本質的にはコンテンツが重要であり、被リンクも自然なオーガニックなものでなければ効果が無いという今の流れには抗えないものだと思います。

時代とともに変わっていきますが、SEOだけに頼らない、トラフィックの増加を考えていく必要があると思います。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

今、ネットマーケティングについて、興味をお持ちの方は、
こちらからご連絡ください! →お問い合わせはこちら

SEOのクリック単価おいくらですか?

あるメルマガを読んでいて、ドキッとさせられました。

『PPCもSEOも実質的なコストはそれほど変わらないのかもしれません。
SEOの場合、クリック単価が数字で出ていないだけで。』

本当にそうなんですよね。

Googleは2012年以降、アレゴリズムを矢継ぎ早に更新していて、

さらにはSEOをしている者たちを追い出すための様々な施策を打ってきています。

たとえば、SEOで被リンクを供給すると、順位を上げるのではなく、
一旦下げるのです。

そして、それでビックリしたものは、一生懸命に被リンクをはがす。

そこをGoogleは見ていて、

「やっぱりSEOをやっていたか…順位を下げさせて頂きます。」

ということをやっています。

さらには、有効かどうかの被リンクの質の選定もひっきりなしにやっている
感じなので、一時的に上がっても、すぐに効果が無くなって下がってしまったりします。

すると、また新たに被リンクを供給しなければならない…

被リンクを得るためには、労力が必要になるので、それはコストに反映されます。

するとSEOは非常にコストが高いものについてしまいます。
SEOのクリック単価はいくらですか?という話です。

それで費用で考えたら、PPC広告(Yahoo!リスティングやGoogleアドワーズ)の方が安いんじゃないですか?

ということになってくるわけです。

2013年以降は、SEOに依存せずにPPC広告を効果的に使うという戦略が、必要不可欠になってくると思います。

私の会社でも、PPC広告の比率を高めようと具体的に動いております。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo

たくさんのリンクは必要ない?

弊社のホームページの検索順位が下がってきたので、

今必死になって、改善方法を調べているのですが、

Google的には、人の操作の範囲外に、検索結果を持って行こうとしているので、

あるべき状態に戻っていくのかな~とある種、諦念の気持ちにも振れそうになります。

SEOもオーガニックさが求められる時代です。

そうなんですが、諦めずにGoogleの暗号を解きたい!

クラック・ザ・コードっていうやつですね。

そういう情熱もくすぶっております。

それで海外の情報をいろいろと探しているのですが、こんなのが見つかりました。

英語が得意な人はどんなものか分かるでしょうか?

サイコロジーリンクビルディングウェブ集客の公式

これがこれからのウェブマーケティングの公式ですね。

これまでの雑多なリンクや薄っぺらい記事は、ペンギンやパンダに捕獲されるので、

心理学的な効果をうまく使ったサイトと、少ない数のパワーリンクが組み合わさることで、ウェブサイトの目的を果たすことができそうです。

しばらく、もう少し頑張って調べようと思います。

ブログ人気ランキング参加中。1日1回のクリック応援よろしくね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
br_banner_cosmo